ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ローンの全額返済・教育ローンの相談に銀行へ

6

うちのようなサラリーマン家庭が、子供二人を私立の中高一貫校に通わせられる理由を、自分でもよく考えるのですが・・・
最近では
「単なる無謀?」
としか思えないようになりました(笑)


スポンサーリンク


ま、無謀でもなんでも、前にも書いた通り
「私の趣味」
なのでいいのです。

趣味のためなら、やりくりだったり節約だったり、我慢ではないけれど、目的のためにだったら大変だとは思わないですよね。
まさにそれ。

二人を希望通り私立の中高一貫校に通わせられるのなら、自分の美容室も半年で一回でいいし、セルフカラーも面倒だと思わないし。
多分皆さんも、自分の中でうまい具合に「いい感じの折り合い」をつけてらっしゃる方がたくさんいると思います。


ただ、今現在なんとか生活出来ている理由の一つとして、もしかしたら住宅ローンの返済額が少ないから、というのもあるのかもしれません。

私たち夫婦は「現金主義」なので、ほとんどのものは現金で買えるまで貯蓄して購入してきました。
しかし家だけは現金で買うわけにはいかないので、唯一のローンです。そして今でもローンを払い続けています。

家を購入したのは2000年ですが、将来、ボーナスが出なくなることもあるかもしれないということも考え、ボーナス払いに重きを置かない返済プランを立ててもらいました。

そして、家を買うまではマンションに暮らしていたわけですが、
「マンションの賃貸代金と同額くらいの返済額」
に設定することで、それまでの生活と同じように、というかうちの場合は、【賃貸代金+マイホーム購入貯金】の二本立てから【返済額】だけになったので、むしろ家を買ってからの方が家計が楽になったのですが。


頭金も十分用意し、決めた金額になるまではどんなに心が揺れる物件が出ようとも、
じっと我慢の子を決め込んだおかげと、アニーがお金のかからない小学生のうちに毎年(時には年に二回のことも)繰り上げ返済をしたおかげで、
ローン残高も残すところあとわずかというところまでこぎつけることができました。


さて、そうなってくると
「もしかしたら、残りのローン残高を一気に払ってしまえば、支払年数が減る分、ローン残高も減るのでは?」
と思った私。

そのことをオットーにも話したところ、
「そしたら銀行に相談に行ってみよか」
と話がトントントンと進み、急きょ先日の休みの日に行くことになりました。


私は何事においても面倒くささが先に立ち、
「ま、また今度でいっか」
と先送りにしていまうのですが、こういう時にはオットーのせっかちな性格が役に立ってくれます(笑)
これとは別に、買わなきゃならないけれど、特に急ぎでもないからまた今度・・・・と伸ばし続けてきたこまごました買い物を、オットーが帰宅した時に一気に片づけてくれました。

頼りになるのね、意外と。



住宅ローンの全額返済ですが、結論を先に言ってしまうと私が考えていたことは大きな間違いで、
借りた金額に利息が乗っかって、しかもこれまでの十数年はほぼ利息を支払ってきたようなもの。今やっと本格的に元金を返しているわけだから、全額一気に返しても返済額は対して減らないということが判明。

そういうこと、私が気づかないのは当たり前(笑)ですが、オットーも全く気付かなかったようで、
銀行の相談窓口に、
「あっ!! せやな。そりゃ当然だわな」
とバツが悪そうにしていました。


ということで、ローン残額はあと少し、コツコツと返済していくことに。


それから、この間銀行に行った時に置いてあったパンフレットで「教育ローン」というのがあり、どんなものなのかともらってきたのですが、
それをオットーに見せたところ、
「ちょうどえぇからそれも窓口で聞こか」
ということに。

今手持ちの貯金で一気にローン残高を返済してしまった方がいいのか、
全額返済をした上で教育ローンを利用した方がいいのか、
お金のプロから見たら、どんな選択方法があるのか?


・・・で、これまた結論から言っちゃえば、
「・・・ふっ・・・、ローンはローンで返して、貯金は手元に置いたままお子さんを大学に通わせて、それから教育ローンを組むかどうか、考えた方がいいですよね?」
と、軽く笑われながら言われてしまいました。


考えてみりゃそりゃそうなんですけどね(;´Д`)



どうも私たち夫婦、ローン残高があとわずかっていうことに浮かれきっていたというか、ローンから解放されたかったようです。
簡単なことが見えなくなっていました。

住宅ローン。
幸いにもうちはオットーが定年になるずいぶん前に終了しそうだけれど、それでも今すぐローンがなくなったら気が楽になりますよね。
ましてや私たちはローンが嫌いだから早く返済したかったし、ゴールが先に見えてきたことで、
「このまま一気にゴールテープを切っちゃおうか!?」
と焦っていたのですね。


教育ローンだって、
「もしどうにもならなかったら教育ローンがある」
と心のどこかで思っていましたが、やはりどう考えてもあの利息は無駄過ぎる(>_<)
【返済のグラフ】を見るとわかるのですが、あの右肩下がりの返済額っていったら!!

住宅ローンと同じで、最初の頃の返済額は、三分の二が利息だものね^^;
うん、やっぱりまずは現金だわ。


ということで、相談窓口は役に立ったのか立たなかったのかよくわかりませんが。
あ、でもこの間も書いたざっくり家計術でも、
「まずは見える化することが一番大事」
ということだったから、窓口に相談に行ったことで見えたことはありました。


ここから4年が大変だぞ、と(ノД`)・゜・。


ま、夫婦そろって覚悟を決めるにはいい機会ではありました。


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.07 08:42 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.07 08:51 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.07 09:47 | | # [edit]
鍵コメ L様 says...""
鍵コメさん、コメントを読ませていただいて、本当にびっくりしました。
私、案外素直だったんだなって^^;
マルっと信じてましたよ、一点の曇りもなく。

私は昔からひねくれている性格だし、人の言うことはまず疑う人間だから、これまでの人生でもまず騙されることはありませんでした。

が!!
それはそう思っていただけで、実際にはすっかり騙されていたのですね。
騙される、という言い方はあまりにも人のせいにし過ぎですね、「自分が無知だった」ということを思い知らされました。

とにかく、鍵コメさんに感謝です。
こういうことを教えてくれる人は私の周りにいませんでしたから、本当に本当に感謝!!

中学生の時の国語の先生(お寺の住職も兼ねていた)が授業中に、
「あなたたちは賢い消費者になりなさい。その権利を持っているのですよ」
というようなことをおっしゃって、それが何十年も経った今でも心に残っています。

私のモットーである、
「良い情報は歩いてやってこない」
はまさにこのことですね。

でも、幸いにもLさんのような方がいたから、良い情報の糸口を見つけることができました。
頑張ります、私!!
2014.11.09 09:37 | URL | #- [edit]
鍵コメ L様 says...""
鍵コメさん、ありがとうございます。

奨学金の件ですが、
「大学に行きたいのなら、そういうことも自分で調べ上げなさい」
とアニーに丸投げしていました。

要するに、私が調べるのは面倒くさいというのと同時に、なんでも私にやらせればいいと思っているアニーへの戒め、でした。

先日アニーに確認したところ、教えていただいたところの奨学金を調べてあるようです。
ホッとしたのと同時に、アニーに任せるのもいいけれど、それはあくまでも私が調べたうえで黙って見守る・・・
というのがいいのかなと。軌道修正をしつつ。


今回、頭を鈍器でガツンと殴られたような衝撃がありました。
本当に、無知は罪ですね。
話は多方面から聞かなければならないということがつくづくよくわかりました。

ありがとうございます、感謝です!
2014.11.09 09:47 | URL | #- [edit]
鍵コメ M様 says...""
鍵コメさん、ありがとうございます。
書かれていた金銭感覚が私のまったく同じです。

ただ、私、騙されたりうまい話に乗ってしまった・・・ということは一切ないと思ってきましたが、
まだまだ甘かった(笑)
優しい顔をして近づく人には要注意!
・・・というか、もっともっと調べて本質を見極めなければ、ということがよくわかりました。

うん、頑張ります!!←ここで意思表明(笑)
2014.11.09 09:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。