ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

親の受験準備その①

6

昨年からオットーとも話していたことが。それは、
「来年、受験準備のためとして必ず買おうね」
ということ。

さて、必ず買うと夫婦で誓ったものとは?

スポンサーリンク

それは、車のスタッドレスタイヤ。

子どもが小さかった頃はスキーに行ったりするためにスタッドレスを買っていましたが、
もう雪山に行くことはないし、通勤に使っているわけではないから「雪が降った日は家から出ない」という選択ができるし。

問題は帰省で関ヶ原を通る深夜が毎回ヒヤヒヤもんでしたが、
「その時はもう潔くチェーンをつけよう」
と割り切りました。

車を買い替えたばかりの時はタイヤの山もばっちりあったし、なんとか対応できるだろうと。
で、なんとかなっちゃってました、これまでは。


ただ車も買ってから3年半経ち、タイヤの山もだいぶ寂しくなってきています(ただ、この間も点検でみてもらったところ、まだ全然大丈夫ですと言われたけど)。

今年の冬、雪が降った時は家から出ないで過ごしたし、一回だけアニーの模試の時に大雪が降り、さすがに送って行けなくて休ませちゃいましたが・・・

それも含め、本番のテストの時に車が出せない・・・とならないよう、親の準備としてスタッドレスを購入した、というわけです。

受験準備としてはだいぶ贅沢な準備だと思います。
雪が多くなったとはいえ、路面がつるっつるになるような環境じゃないし、それが一冬でせいぜい2~3回のこと。

それに今回アニーの受験用にタイヤを新調したけれど、4年後のトートの受験の時に、今回のスタッドレスが使えるかどうかわからないし。

これまで冬になるとスタッドレスを買うか・買わないかでオットーとも話し合ってきた結果、「買わない」という選択をしてきました。

が、今回ほど「よし、買おう!」とサラリと決められたのは、やはりアニーに勉強以外のことで不安にさせたくないから。
ま、アニーは私と違い、
「明日雪が降ったらどうしよう・・・」
と不安になるような子ではないと思われますが。前もって先の心配ができる子ではないので。
イエス、人生行き当たりばったり(-_-;)


いつも軸がぶれてしまう私の考えですが、今回に限っては
「アニーの受験」
という強い軸があるせいか、物事がサクサクと決めて先に進めます。これは楽でいいですね~。

ぶれたり迷うというのは、結構なエネルギーを使うのだ、ということがよくわかりました。
それと、他人の事を気に掛けることもかなりのエネルギーを使うということも。

ともすればよそのうちの子の成績が気になったり、今でいえば合格した大学が気になったりと、心が大きくぶれて心身ともに疲れてしまうことがよくあるのですが、まぁもうそういうの、一切やめようよ自分、と。

そもそも私がこんなに疲れやすいのって、他人の事に使われているエネルギーが多すぎなのだと気付きました。


もちろんそれは、いい意味での他人の事を気に掛ける場合も多いです。
「あの人大丈夫かな」
「困っていそうだから手を貸してあげた方がいいかな」
「あそこにカートが放置しっぱなしだから私が片づけてあげよう」
とかね。

これらのことが日常に星のように散らばっていて、それを一個一個救い上げてしまうのだもの、そりゃぁ疲れますよね。
だけどそんなことは、
「助けてください」と頼まれたら助ければいいいし、
「手を貸してください」と言われたら、言われたことをしてあげたらいいし、
カートを片づけるのはやとわれた人がいるのだからお任せすればいいし。

もちろん、アニーの事やなんやかや、すべて片付いて心身ともに余裕ができた時には、言われなくても頼まれなくても自己満足的にやったらいいことなのであって。

とにかく自分はこれまで、いい意味でも悪い意味でも一歩踏み込み過ぎていたなということに気付いだわけです。


これが負の感情であったらさらに重荷になるのは明白。もうやめましょうよ、こんなこと。


・・・と、自分に言ってみた(笑)



まぁ、あれです。
私が今やることは、アニーの前に立ちはだかるものを、すっと横に寄せてあげること。これも自己満足に過ぎませんが、私のできる大学受験準備の一つかも。


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

6 Comments

suzu says..."ウチの場合は・・・"
アニーくん すごい頑張ってますね。
ほんっっっと感心してます。

ちなみにウチの大学1年息子の受験のときのとは全然違ってて 参考にもならないと思いますが
東北の北国での受験生の話をさせてください。

センター試験の時って 一番天候が不安定な時で 急に雪!ってこともいつもなんです。
そうなると 自家用車も電車もバスも全然あてにならないんです。
よほど試験場に近い方は別として 前の日には近くのホテルに泊まります!
ウチは田舎なんで 息子の友達もほとんどそうしてました。

車や電車でも行けない距離じゃないんですけどね。
万が一の時は 歩いて行ける距離。
これが一番確実で 安心できます。

みんな考えてることは同じみたいで
センターの前日はホテルはどこもいっぱいですよ。
何ヶ月も前に予約してる先輩ママさんがいて 先輩ママさんの意見、もっと聞いておけばよかったなぁ~って思いました。

子供の受験って・・・ハァ~ってなりますよね。
親って いつなってもゴールはないんです。つくづく実感しました。受験が終わっても 大学入学しても 全然心配はなくならなくて。。。
受験もその通過点です。
ことりさんもアニーくんも お体だけは大切に。
いつも 楽しみにしてます。長くなってすみませんでした。
2014.11.20 22:57 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.22 08:59 | | # [edit]
suzu様 says...""
suzuさん、コメントをありがとうございますw

アニー・・・頑張ってはいるのですけどねぇ・・・
なんというか、どんなにどんなに頑張っても、アニーは手が届かない場所があって、
たいして頑張ってなくても余裕で手が届くトートがそばにいて・・

二人を見ていると親として申し訳なくなるんです。
特にアニーに対して、
「同じように産んであげられなくてごめんね」
的な。

もちろん、いい大学が全てではないし、どんな人生を送るかはその大学で何を得て、それをどう人生に反映させていくかなのでしょうが、
それでも、アニーが行きたいという大学が未だ遠くにあるということは・・・ざわざわと胸が騒ぎます。

頑張った結果が合格ではなく「頑張った事実」では可哀想過ぎるなと。
そしてそうなった場合、それを受け止められる覚悟がアニーにできるのか?
私はまだ出来ていません。だから胸が騒ぎます・・・


とはいえ、まだもう少しアニーの可能性を信じて、アニー応援団長として松岡修造並みに頑張ります!!


ここ何年も、ビックリするほどの雪が降る冬が増えてきた気がします。
この辺りはそんなに雪が降らない地域だっただけに、慌ててスタッドレスタイヤを準備した、というわけです。

とはいえおっしゃる通り、受験先の様子はこちらと同じとは限らないので宿泊の事も考えなければなりませんよね。
何か月も前から予約・・・ぶるるっ!!
そっ、そうですよね・・・車で送れる範囲ならいいけど、そうでない場合も考えられますものね。

はぁ~っ、考えると胃がキリキリしてきますが・・・これも親業の一つ。
頑張ります!!
これからもいろいろ教えてくださいね!頼りにしてます~!!
2014.11.25 14:33 | URL | #- [edit]
鍵コメ様 says...""
あぁ、そういう環境にお住まいなのは羨ましいです!
うちは一番近い場所でも自転車は無理なので、電車か送って行くか・・・になりますね。
こういう場合、友達と一緒に行く方がいいのか、それとも・・・?ですね。
ま、その時になってから決めてもいいかな、それは。
2014.11.25 15:36 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.11.25 16:59 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
鍵コメさんん、ありがとうございます。

うんうん、継続して努力できるのがアニーの才能だと私も思います。
だけど、その結果がなかなか現れないのが・・・不憫で不憫で。

昨日もそのことを2人で話したのですが、
「まだこれからだよ。諦めちゃだめだよ。アニーはスロースターターなんだから大丈夫」
と励ましました。

なんか、自分に言い聞かせているような感じでしたが^^;

でもアニーの力を信じて、自分の手で何かを掴んでくれればなぁと思っていますw
2014.11.26 11:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。