ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

アニーからのくだらないLINE

0

最近のアニーの気持ちの浮き沈みの傾向がわかりました。
あることがあったあとはかなりご機嫌、でもしばらく経つと現実が見えてくるのかご機嫌ななめ(笑)

ある意味、非常にわかりやすいのですけどね。

スポンサーリンク

その「あること」とは個人面談。
個人面談で担任の先生と今後のことを話すと安心するのか(?)、帰ってきてからはいつも超がつくほどご機嫌。


がしかしその反動か(笑)、しばらくすると現実がくっきりハッキリ見えてきて、どよ~んとした空気に包まれているという。
たまんないです、そばにいるこっちも(-_-;)


ただ、アニーの気持ちもよ~くわかるのです。
というのも、担任の先生が個人面談で言う事は、かなり希望が持てる言葉ばかり。


普段、アニーの家出の様子を見ていて、悲しい気持ちになっている私にとっては「希望の光」のようにキラキラ光り輝くお言葉ばかり。


だけど・・・
その言葉にどっぷりとつかって浮かれるわけにはいかないのです、なぜか。

なぜなら、現実がよ~くわかっているから(-_-;)


いえ、先生だって、ただ単に希望的観測で言っているのではなく、近々の模試の結果を踏まえてアドバイスをしてくれているわけだから、決して落ち込むこともないと思うのですが・・・

当のアニーも、担任の言葉を真に受けていないという慎重さ。
まぁ、それくらいでいいのかもしれません。

私は「気を抜くことの危なさ」を十分知っているつもりなので、アニーと喜びを分かちあいたい反面、
「ここで気を抜くことが一番危険」
と思ってあえてねぎらいの言葉をかける程度に収めています。

本当に喜ぶのは受験が終わってから。その時までとっておきます。



さて、そんなアニーの「気分がアゲアゲ」状態の時に届いたLINE。

「なんでこんな時間にLINEが? 休み時間かなにかなのでは?」
と思ったのですがこれがビンゴ。

その緊張感が伝わる?ラインをご覧くださいw

line2.png

line2_1.png


「危険を犯して」って・・・(ノД`)・゜・。
「冒して」、だろうが。
しっかりしろ受験生(--〆)

それにしても、どんだけ食べたいんだ「徳用チョコ」(笑)


でもアニーのたっての希望なので、買い物に行く予定はなかったけれど買いに出掛けました。
がっ!一件目には一個一個個包されたものしかなく・・・



ま、これでもいいのですが、いちいち袋から取り出すのが結構面倒。
アニーの希望は、「わしゃわしゃ入っている徳用チョコ」。
そして危険を「犯して」(笑)LINEしてきたほどなのだから、これは希望を叶えてあげにゃぁならんでしょう。


ということで、「リスカ徳用チョコはしご」。
いつも行くスーパーにはないのがわかっているので、違うスーパーへ。

その日はチラシで特売のお知らせがあったせいか、店内激混み。
私は徳用チョコが欲しいだけなのにぃ~

人を縫うようにしてグイグイ進み、目当ての徳用チョコのみカゴに入れて、長蛇の列に並びます。
無事ゲット。

line2_2.jpg


しっかし、こういうチープな味って美味しいですよねぇ。
アニーが食べたいというから買ってきたけれど、結構私も食べちゃいました。もち、トートも。


せっかく頑張って食事を手作りしてるのに、なんだかな~と思っていたのだけど、
この間の「男子ごはん」で栗原心平ちゃんが言っていたことに安心しました。


「ボク、子供の頃太ってたんです、駄菓子の食べ過ぎで」




!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あの心平ちゃんが?
お母さんが栗原はるみの心平ちゃんが?

心平ちゃんの
「おふくろの味」って、おふくろが栗原はるみさんな心平ちゃんが?


「ハーブとか子供の頃から食べてた」
「銀ダラが出てくるとテンション上がった」
「カレーとか、あんまり嬉しくなかった」
って言って国分太一をのけぞらしてる心平ちゃんが? ←もういい、しつこい


あれだけ手作りの食事にこだわっているお母さんの子供ですら、駄菓子で肥満児だったなんて・・・
っていうか、駄菓子を太るほど食べるって(-_-;)


ま、そんな事を聞いたのでちょっと安心したのですけどね。


私も子供の頃は30円を握りしめて駄菓子を買いに行っていましたが、
今食べたいとか懐かしいとか思う駄菓子ってないなぁ。
あの小さい容器に入ったヨーグルトみたいなのは子供の時から食べられなかったし!

そういう意味でも、駄菓子っていろいろな思い出になっていますけどね。

アニーもきっと、徳用チョコを大人になっても好きだと思います。
もしかしたら、特徴チョコを食べる度に受験の苦しかったことを思い出したりしてね。






ところで、ここから全然関係ない話。
この間テレビを見ていて(トートが録画した美術番組)、
国立西洋博物館の学芸員さんである新藤淳さんの顔と雰囲気や体つきがすごく好きだなーと思いました。

そしてはっと気づいたのですが、アニーに似てる( ゚Д゚)

といってもアニーはまだ「芽が出る前」と言った感じではありますが(笑)


ま、こんな風に親バカを通り過ごして一周回って単なる「アニー好き」なだけなんですけよ、ぷふっ。
                                                        

☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。