ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

すべてが最後になる

2

今日のタイトルですが、森博嗣ファンならすぐに元ネタがわかるでしょうね。

・・・って、森ファンでなくても現在ドラマが放映されていますが(-_-;)
ちなみに私は、早々にリタイヤしました、ドラマから。


スポンサーリンク

原作の熱烈なファンからしたら、そもそも
「どうしてこれを映像化するのか」
って話から始めなきゃなりませんが、まぁいろいろ文句はあるけれど、想像よりはひどくはないかなと。

すぐに萌絵をくっちゃいそうな犀川先生だけど"(-""-)"
超お嬢様の品が見当たらない萌絵だけど"(-""-)"


でも、こちらも原作ファンである「きょうは会社休みます。」よりはいいかなーと。
こちらも早々にドラマを途中下車しましたが、ドラマは私の知っている「きょうは会社休みます。」じゃないし(-_-;)


あとは「アシガール」と「高台家の人々」がドラマ化されないことを、
特に4チャンネルでジャニーズアイドルにドラマ化されないことを祈るばかり。



・・・と、今日の話題には全く関係ないことをぶつぶつとつぶやきました。
「すべてがFになる」にもじった今日のタイトル、「すべてが最後になる」。


アニーの学校での生活が、ことごとく「最後」になってきました。
少し前から学校においてあるものを(珍しく)自主的に持ち帰っていたアニー。

体操着や運動靴はもう使わないらしく、ずいぶん早い段階で持ち帰ってありました。


(´Д⊂ヽ


まずい・・・

この時点で涙腺緩んでたら、この先どうなるんだろ・・・


そして先日は、教科書の類を両手に抱えて持ち帰っていました。
うちの学校では来年もまだしばらく登校することになるのですが、それでも受験に関係ないものは一切合切持ち帰ってきている様子。



この間、珍しく忘れ物をしたトートから連絡があり、学校まで届けに行ったのですが、トートを待つ間、大きな学校を眺めていたら、楽しかった記憶がよみがえってきました。


キラキラしてたなぁ。
そしてこの学校に子供たちを通わせることができることが、私の誇りだったなぁ・・・


この一年、特に夏以降は家の中は常にカリカリしたムードに包まれていて、過去の楽しかった頃を振り返る余裕もなかったけれど、
この学校にアニーを通わせて本当に良かった。
これまでそのことを、学校を見る度に何度思ったことか。


アニーが卒業してもまだトートはこの学校に通うし、私も行事があるごとにここに来るわけだけど、
この学校に入学するきっかけを作ってくれた、トートにも道筋を作ってくれたアニーはいなくなるわけで。

学校っていうところは、いつでも遊びに行ける母校である反面、卒業してしまうと途端に「敷居が高くなる」のはなぜなんだろう、と感じていました。

もう自分の居場所はないというか(もちろんないのだけど)、急に距離が開いてしまうようなもの悲しさがあります。


学生時代に感じていたことを、親になった今もまた感じなくてはならないのはさみしい気持ちです、とても。



卒業式の頃は、感傷に浸るどころではないそうで(時期が時期だけに)、もしかしたらこんな風に振り返れるのは今だけなのかも。
すでに現段階で一万円札は飛ぶように出て行っているけれど、これはまだまだほんの序章。

今からわかっているだけでも出て行く金額の事を考えると、もう崩れそうになりますが、それをアニーに見せてはいけないし、頼れる人もいないし。

心臓を叩いて、これから次々と起こることに対して心を平らに持ち続けないと。
じゃないと本当に壊れそうです、自分。


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2 Comments

pooh says..."No title"
我が家はもう少し先なのですが、心、懐ともに、既に痩せ細っています。考えていたはずなのに、準備していたはずなのに・・・。想定外のことが次々と(泣)
手帳の整理をしてたら、中受のころの手帳から「親の祈り」のコピーが・・・読み返しまた涙(苦笑)

なんの援助もできませんが、応援してます、kotori*さん。kotori*さんの背後で、両手突っ張って支えてる下重心の中年女性をイメージしていただければと思います。
2014.12.25 18:30 | URL | #mQop/nM. [edit]
pooh様 says..."Re: No title"
私ね、受験にお金がかかることはちゃんと理解していたつもりなんです。
それでも実際に出て行くものを見るのと頭で想像するのはかなりの違いがありました。
メンタル、やられてます(笑)

仕方がないのでしょうが・・・ね。
受け入れるのに少々時間がかかりそう(>_<)

でも大丈夫、私、時間さえあれば回復できるんです!!!
poohさん、ありがとう(涙
そんな風に言ってくださる方がいるから、ぼっちな私でも(笑)頑張れるんですよ、本当に!

精神的な支えになってくださってありがとう!
もう少しだけ、よりかかっちゃいますよw
2014.12.26 15:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。