ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

布団をかぶって寝られない・アゲイン

2

これ、多分前にも書いたことがあるかと思いますが・・・(なにせもう長い間ブログを続けているので^^;)

私は子供の頃から
「布団をかぶって眠る」
ということができませんでした。

それをつい最近、また再確認したって話。



スポンサーリンク

今年は毎年この時期に出しているこたつを出していません。
なぜなら、あまりにリビングで寝落ちするアニーが、こんな大事な時期にこたつで寝落ちして大風邪ひくのが目に見えているから(-_-;)

想像でき過ぎてコワイわっ。
 

皆さんも経験があると思いますが、
ちょっとソファでうたた寝しちゃったのと、こたつでうっかり寝てしまったのでは、目が覚めた時の状態が全然違います。


特に私は、こたつで寝て起きた時には、必ず喉がおかしくなっています。


お腹がいっぱいで、暖かいこたつに足を突っ込んでいれば誰だって眠くなるもの。
暖かいこたつがなくたって、食後は眠りの世界に鎖をつけて引きずり込まれるのがお決まりのアニー、
こたつで寝ないわけがありません。

その上、私と同じで
「風邪は喉からやってくる」
タイプ。


だから、この冬のリビングの暖房は エアコン&ストーブのみ。
これが結構寒いのよね(ToT)


でも仕方ない、冬はもう少し、春はもうすぐ。
あとちょっとの辛抱です。


ただ、台所仕事なんかをしていると暑いくらいですが、ソファに座ってテレビを見ているとやっぱり寒い・・・
サーキュレーターで空気を循環してもやはり下の方は寒いです。
こたつが恋しい。


今が寒さの底辺なのでしょうが、田舎住まいの深夜の寒さは堪えます。

そんな先日、オットーが夜中に帰宅する、しかも夕飯は食べていないというので起きて待っていなければならないことがあり。

やることはテレビを見ることくらいだったのだけど、ちょうどその頃、目のしょぼしょぼがピークで、テレビを見るのが結構辛くて、仕方なくテレビもプチンと消したほど。


本を読むにもいかんせん目が辛いものだからもうお手上げ状態。

オットーが帰ってくるのはまだまだ先だから、仕方ない、仮眠するか・・・と、アニーがリビングで寝てしまっても風邪をひかないようにと置いてある分厚い毛布をかぶってみました。


なぜかぶったのかと言えば、私は暗くないと眠れないから。
子供たちは隣の部屋で勉強していて、電気は煌々とついていて眠れそうになかったので。


アニーと言えば、いつ見ても毛布をかぶっています。
リビングにいる時も毛布をすっぽりかぶって寝ているし、朝ベッドに起こしに行けば、布団をすっぽりかぶって寝ているし。

私は、
「吸う空気が冷たくないとダメ」
な人。

特に車などで、暖房を上の吹き出し口から出すのはもう絶対にダメ(;´・ω・)
理想は
「上から冷風・足元が暖房」
なのだけど、同乗者がいるとそうもいかず、仕方がないので私側の吹き出し口だけ閉じてしまっています。


吸う空気が暖かいのがどうしても我慢ならなくて、そういうわけで毛布をかぶって寝ることができないのです。

これ、私が子供の頃からで、昔まだ二段ベットで姉妹で寝ていた時、妹と、
「布団をかぶって、我慢できなくなって布団から出たほうが負け」
というゲームをしていました。


もちろん当時から布団をかぶって寝ることが出来なかった私は、よーいどんで布団をかぶった後、
そ~っと布団から顔を出し、新鮮な涼しい空気を吸ってじっとしていました。

しかしいつまでも布団から出る気配のない妹。
そのうち苦しくて我慢できなくなって布団から出てくるだろうと思いきや、いつまで経っても出てこない妹。

もしかして死んじゃったのかも(゚Д゚)

恐ろしくなってすぐに
「ねぇ、死んじゃうよ。布団から出て!死んじゃうから!!」
と言ったけれど反応なし。

慌てて二段ベッドの上から降り、下の段に寝ている妹の布団をはぐと・・・

ぐーすか寝てるし。


その時に安堵感。
そして、布団をかぶって平気で寝られる妹に呆れました。


が、今こうして目の前に、妹と同じで布団をかぶって平気で寝るヤツが一人(-_-;)


それでやっと、布団をかぶって寝ることができない自分が、どちらかといえば少数派なのか?と気づいたというわけです^^;



で、オットーを待つ間、布団をかぶって仮眠しようと思ったのですが・・・

やっぱり苦しい。
苦しくて苦しくて仕方ない(-_-;)


でももう大人なんだから・・・と我慢してみました。
しかし、こんなところで暖房の威力が発揮され、毛布をかぶった中の温度は一気に上昇。

こうなるともうダメ。
のぼせちゃって具合も悪くなってきて、うっすら吐き気までもようしてしまって・・・



久しぶりに布団をかぶってみましたが、やはりだめでした^^;
しかもダメどころか、子供の頃よりもひどくなってたし(笑)


でもなんででしょうね~?
どうして布団をかぶって寝ることができないのか。


のぼせる、というところがミソのような気がしますが・・・
はてさて。


スポンサーリンク

2 Comments

iitan says...""
どうしよう(笑)
分かりすぎてうなずきすぎて首が痛い(;゜∀゜)

分かります!私も布団をかぶって寝られません!二酸化炭素が充満してるような気がして苦しくて眠れる所じゃないんです!

顔に向けての暖房も分かりますー(;つД`)
なので私は美容院でのドライヤーも苦手です。

はぁ~、朝からテンション上がりました(о´∀`о)同じような人がいるって安心しますね(笑)
2015.02.20 08:55 | URL | #- [edit]
iitan様 says...""
おぉぉ~!
iitanさんも同じですか~^^
いや~、嬉しいなぁ。
私、これまでの人生で同じ人はいませんでした。iitanさんが初!


あぁっ!私もドライヤーが苦手!!
そうそう、それもある~(;´Д`)

あははは、同じことで盛り上がれるのは楽しいですね(笑)
これからもよろしく~(*´з`)
2015.02.20 17:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。