ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

予備校勧誘電話

0

今はひと段落しましたが、少し前まで、それはそれはかなり頻繁に電話とDMで勧誘がありました。
予備校の勧誘です。

スポンサーリンク

予備校ということなので、希望の大学に入学するため、浪人を覚悟した方だけに必要な情報になります。
がしかし、それは相手にはわからないので、高校三年生や大学を受験した生徒等にアクセスをしてきているのでしょう。

DMにも書いてありましたが、
「このハガキが必要のない方は下記に連絡を」
という記載があったのでそこに連絡すればDMが送られてくることはなくなります。


が、私はその連絡が面倒だったのでしなかったため、しつこくしつこく送られてきていたし、電話もかかってきていました。
ただ、電話はなぜは私ではなくアニーが受けることが多く、その電話で合格したので予備校の必要はないということを言うと必ず聞かれることがありました。

「差し支えなければ大学名を教えていただけますか?今後の参考にさせていただきます」
とかなんとか。


私は電話を受けていないのでわかりませんが、アニーの受け答えを聞いているとまぁこんなところかなと。


確かにせっかく電話をかけてきているのだから、予備校側としてもこの機会にそういった情報を知りたいところなのでしょうね。
どこの大学へ行くのか、それはどこの塾に通ったのか、などなど。


でね?
それに対して別にウソをつく必要はなくて、本当をことを言えばいいと思うのです、私は。


確かに私も、いろいろな勧誘電話がかかってくるとテキトーなウソはつきますが、大学が受かっているのならば正直に答えてあげて、今後の予備校の何かの参考にしてもらえばいいと思うのだけど。


なぜかウソをつきまくるアニー^^;
そしてそのウソがまぁ中途半端(-_-;)


電話で聞かれ、大学名まではすらすらっと答えるのだけど、学部を聞かれるとは思っていなかったアニー。
「えっと・・・確か〇〇学部とか、なんとか」
って。

自分が行く学部の正式な名称を答えられないヤツがいるかっちゅーの。

電話の相手に
「〇〇学部でしょうか?」と聞かれ、
「そうそう、それです」
なんて言ってるし(-_-;)


ウソをつくならつくでちゃんと調べておけって(゚Д゚)ノ

そもそも何度も言うけれど、嘘をつく必要はないのだからさ。
本当に・・・変わった子でした、アニー。


・・・って、なんか「過去の人」になってるし(笑)


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。