ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

大学生 一人暮らしの帰省の頻度ってどれくらい?

0

長かったゴールデンウィークも終わりましたね。
このブログも、オットーがいたためにスマホからの投稿で、なおかつコメントのお返事が出来ないままになっていました。
せっかくコメントをくださったのに申し訳ないです(>_<)

でも、いただいたコメントを読みながら笑ったりツッコんだり感心したり!
楽しませていただきました! ありがとうございます~^-^
これからお返事させていただきますので、もう少しお待ちくださいね。

スポンサーリンク

さて、「ゴールデンウィーク2015」も終わったわけですが、
アニーは先日のブログに書いた通り


知恵袋なんかをチェックしてみると、一人暮らしの大学生が帰省する頻度はさまざまのようですね。
時間と費用をかけてでも隙あらば実家で過ごしたいと思う人もいれば、
面倒だから帰省しないという人も多いみたいだし。


私の妹も以前都内で一人暮らしをしていたけれど、親の心配(母の心配はもう、それはそれは・・・でした^_^;)をよそに全く帰って来ませんでした。

そんな妹と性格がそっくりなアニーのこと、帰省しない気持ちもわかります。
もちろんアニーが帰ってくるといえばこちらも大歓迎するけれど、帰ってこないのなら来ないでこちらも都合が立てやすい^-^

いえ、決して強がりなどではなく、私はすっかり吹っ切れて、
「自分たちの生活」
を送れているので、このお休みもとっても楽しく過ごせました。


アニーの住む場所と我が家、帰ってくるのが億劫・・・
という距離でもないと思われますが、週末や連休どころか夏休みも帰って来ないかもね~^_^;


というのも、夏休みは夏休みで何かと忙しそうなのです、彼。
大学の必修科目の関係もあるし、アニーの大学では一年生のそのほとんどが夏休み中に運転免許を取るのだとか。

だから、「夏休みは帰ってくるよね?」という気持ちはちょっと横においておいた方がよさそう。


さて、このGW中、私たちは庭をいじったりプチ旅行に行ったりと、かなり充実した毎日を過ごしました。
旅行記などはまた後日たっぷりと。


その旅行先ですが、特にどこへ行きたいということもなく、
「どこかへ行きたい」
というだけでした。


昨年はアニーの受験で私はどこにも出かけられず・・・だったので、その欲求はオットーだけでなく私もありました。
が、別にどこへという希望はなく、ただ車に乗ってドライブしてお菓子を食べて(笑)というだけで十分楽しめてしまうのですが。


するとオットーがこんな提案を。

「アニーのところによってどこかへ行くか、それともどこかへ行った帰りにアニーのところに寄る?」


ん~、さっきも書いた通り、私はどっちでもいいのだけどね^_^;
ただオットーがアニーの顔を見たいのならそれでもいいけど。


するとオットー、早速アニーに電話。
しかしアニーは友達と予定を組んでしまったそうな。
そりゃそうだ。

しかしオットー、諦めません。

「じゃぁその友達も一緒に夕飯でも食べようか?」

オットーがこんなことを言うのはとても珍しいです。
社交的な人ではないのです、決して。


がしかし、またしても、
「その友達、そういうの嫌いだから」
とバッサリ(笑)


そんなこともあり、アニーを絡めたドライブ・・・というオットーの計画はあっけなく崩れたのでした。


なんだか、アニーに関してはこれまでずっと淡泊に接していたオットーなのですが、
なぜか巣立ってからはやたらちょっかいを出し続けています。


もうそっとしておいてあげたら~?と思うのだけど、
「えぇねん! 電話したる!!」
とまぁしつこいしつこい(-_-;)



まぁ、母親があっさりと心配するのをやめてしまった手前、父親であるオットーが心配してくれるのはありがたいことではありますが。

それにしてもへそ曲がりだわね、オットー。



それぞれがそれぞれの楽しみ方をして満足できたゴールデンウィークでした。


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。