ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

アツい★三者面談、番外編

0

先日の三者面談の、今日は番外編。
くだらないです、最初に謝っておきます^_^;



スポンサーリンク

これ、多分以前のブログにも書いたと思うのですが、
毎年夏の三者面談の時に思い出して、今でも顔が赤くなるということを繰り返している、
私の人生の中でもかなりの「恥」に入る部類のやっちまった話。


アニーが中学2年か3年の夏の三者面談。
その日も朝から暑くて暑くて、面談用の服(=体にフィットするようなタイプの服)を着た瞬間に汗染みができるような、そんな天気でした。


でもこれも夏の面談の恒例行事ということはすでに理解していたし、
「学校内に入れば涼しくなるし!」
と、ただそれだけを楽しみにして学校に出向きました。


その日の服装は、キチンと感のあるカットソー(襟がスクエアで芯が入ってしっかりしていた)と、
伸縮性のあるチノ素材のタイトなスカート。


これ、確かハッシュアッシュで買った服だと思うのですが、
カジュアル過ぎず、かといってカッチリ過ぎず、夏の面談というシチュエーションに合っていたのです。


そして薄手のチノ素材のスカートということで、大胆にも生足で参戦(笑)
素材的にストッキングが合わなかったのと、
とにかく暑くてストッキングが上がらなかったから(゚Д゚)ノという理由。


この汗でストッキングが上がらないという件に関しては、
先日テツ子さんからコメントで
「ベビーパウダー等をたたいてからストッキングを履くとするりと上がる」
というお知恵をいただきました!

ナルホド、そういう手もあったのね~^^

だから今度からはストッキングを装着して出かけられそう。
ま、その生足っていうところが生き恥に繋がったのですが・・・



ほうほうのていで学校に着くと、ん?なんか嫌な予感。
面談室の窓が全開。

この暑さの中、窓が全開なんてありえません。

でも最後の望みとして、
「気温が上がってきましたね。クーラーを入れましょうか」
と言ってくれることを期待したのですが・・・

担任から出た言葉は全く違うものでした。


「申し訳ありません! クーラーが故障していまして・・・暑くてご迷惑をかけます」

と、扇風機とサーキュレーターを総動員させていましたが、
おわかりのようにそんなもので暑さがしのげるものではないほど外気温は高くなってきていました。


はぁ~っと思いつつ面談開始。
いろいろと厳しい話などもあり、違う汗をかきつつもなんとか面談が終了。


ありがとうございましたと挨拶をして椅子から立ち上がろうとした瞬間、
嫌ぁ~な予感、というか感触?



かいてるよ、尻汗(゚Д゚)ノ

しかもスカートにぺっとりくっついてるし!!(;´Д`)




やばーい! やばーーーい!!

こんな時にストッキング一枚でも履いているだけで大分違ったのでしょうが、
その時はパンツ一枚に薄手のペチコート。
ペチコートは速乾力のある楊柳で、よく言えばすぐ乾くけど、汗も吸いやすいという面も。

そう、楊柳のペチコートは大量の汗を吸い取り、さらにはチノ素材のスカートにも被害が及び・・・


先生の目を盗み、チラリと自分のお尻を振り返ってみた時の衝動、今でも忘れられません。



し・み・て・る(ノД`)・゜・。



そんなものを見てしまった日には先生に後ろを向けることも出来なくなり、
先生と向かい合ったまま、後ずさって教室を出るという手段を選択。

不自然?
不自然結構。こんな恥ずかしい姿を見られるくらいなら、不自然の方がまだマシ!!



あー、思い出しただけでもドキドキしてきます。
そしてそのスカートはデザインも気にいっていてストレッチも効いているので履きたいのだけど、
そのことを思い出すと
「夏は無理」
と思ってしまうのです。

トラウマだわ。



な~んて話をトートとしつつ三者面談へ。
その日は尻汗対策も踏まえた服装をしていましたが、一応、
「もしお母さんが席を立った時に尻汗がついてたら言ってね」
とお願いしておきました。


そんな心配もないほどに教室はクーラーが寒いほどに効き、
快適な面談が出来ました。


そして時間が来たので挨拶をして立ち上がり、
先生は教室のドアを開けるため遠くに離れた時、私は見た!!


自分の座っていた椅子が、汗で濡れていたことを・・・!!



「トートっ!トートっ!!」
と呼び、トートは一瞬で何で呼ばれたかを悟りその瞬間、慌てて拭く(笑)

その早業たるや、いやはや^_^;


私が拭く間もないほどの一瞬の出来事でした。



はぁ~、嫌なとこに汗をかくようになったもんだわ(-_-;)
というか、こんな汗、三者面談の時にしかかかないけどね?


一度ならず二度までも、夏の三者面談における伝説を作ってしまいました。


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。