ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

おばちゃん御用達洋品店が

2

時々ふらっと出かけていた洋品店。
そう、洋品店っていう呼び方がピッタリ。

スポンサーリンク

品揃えはといえば、
メインは肌着類。


はい、ここ注目★
「下着類」ではなく「肌着類」です。


ブラジャーなんかも置いてありますが、
胸を上げて寄せるというよりも、「乳バンド」という言葉がピッタリ。

色の圧倒的なメインはベージュ。
いや、ベージュというより「肌色」w

これでなんとなくお店の想像がついていただけました?
あー、でもどうなんだろ、こういうお店って都会にあるのかなぁ?


年齢のターゲットはズバリ70代(笑)
60代だと若いと感じられるかも。


でも私、10代の頃からこういう店が大好きで、
家用の下着とか、そうそう、「アッパッパー」を初めて買ったのもこのての店だったなぁ。


今はユニクロのおかげですっかり有名になった「ステテコ」ですが、
私は若い頃からこういうお店で買っていました。


ホラ、この間の素敵なワンピースなんかの下には、
こういうお店で買った下着を汗止め代わりに着ていたし。


何が良いってね?
こういうお店の素材は綿なのです。


しかも、夏なんかは私が一番好きな「楊柳綿」だったりするわけです。

通常、綿は汗を吸いやすい反面、放出しにくいため夏などは乾かずに身体を冷やすことにもなりますが、
楊柳は綿だけどその形状から汗を放出しやすいのが特徴。

おまけに肌にピッタリとくっつかないおかげで、いつでもサラリとした感触が涼やか(^o^)丿

こういうのをペチコート代わりやキャミソール代わりに着るとホントに気持ちがいいのです。


色やデザインが年寄りくさいのは仕方ないけれど、誰に見せるわけでもないし。

世の中がどんなに化繊の衣類に変わろうと、こういうお店だけは永遠にこのままであり続けるだろうと、疑いもしませんでした・・・



先日の「ワンピース3着宣言」で、急きょワンピースの下に着るスリップ?っていうの?キャミソールの長い版、それが必要になり。


そうだ!久しぶりにあの店に行こう♪と3年ぶりくらいにワクワクしながら向かいました。
するとビックリ。



半年前に閉店してた(;´Д`)



えぇぇぇ・・・
この店がなくなったら、私は楊柳の下着をどこへ買いに行ったらいいのか?

私独自の「おば下着ショップマップ」の中でも一番オバ色が強かったこの店、
この店がなくなってしまったら、次のオバマップでいくとだいぶ小洒落てきちゃってるし・・・


あぁ~、悲しい。
迷子だ。私はオバ下着迷子だわ。



仕方がないのでネットで悲しく購入。






黒い方はクレープ加工という生地で、ちりめんのような感じだから涼しいと思われます。
ベージュの方は少しペタペタするかも。でも化繊よりはいいや。 


オバ下着ショップ、今後は増えてくることはありえないだろうから、一つ、また一つと姿を消していくのでしょうね。
寂しいぞぉ。


ところで、普通にワンピースの下に着る下着で「スリップ」と検索したのですが、
2~3つ普通のスリップが出て来たものの、あとはまぁ夜な感じのものがズラリ(笑)

それじゃな~い!(゚Д゚)ノ

と画面に向かって叫びました。


スポンサーリンク

2 Comments

ベス says..."No title"
 お久しぶりです!ベスです。

 私は早々に、この”暑さに”に白旗を揚げ、
クーラーのお世話に・・・。

結果クーラー病かしら、ダラダラ・・・いや、アンニュイ過ぎる毎日・・・。ダメ人間一丁上がり!

ん?今、クーラーってあんまり言わないわね?エアコンか・・・。え?クーラーって、も、もしかしたら 死語になりつつある?”ナウイ”的な・・・。

死語といえば、kotoriさんは”スリップ”をお求めになろうとしたみたいだけど・・・。
オバ下着の代表と言えば、
”シミーズ(シュミーズ?)”でしょ~。あれっていわゆる”スリップ”とは違うものなの?抑揚、クレープなど綿素材の”スリップ”は”シミーズ”・・・???

と、どうでもいいわねそんなこと。

そうそう、楊柳!!大好きよ~❤

私の家の中のお気に入りの恰好は

黒の楊柳の”アッパッパー”に手拭いをカチューシャみたいに巻き、頭のテッペンで結ぶの。
(私は、”首からタオル”より”首から手拭い”派)

名付けて 『キキ』by魔女の宅急便

命名は旦那よ。(そう、アニー君と一緒に金髪にしてもらう予定のあった)

私のあまりの恰好に、冷やかしで言ったつもりらしいけど、
それから私はその恰好になるたびに

『ほら、キキだよ。お父さんの憧れ女子のキキだよ~』

って。

旦那も私の方を見ずに
『ほんとだー。すてきー(棒読み)』

娘は
『お母さん、てぬぐい赤だったらいいのにね・・・(キキのリボン赤だからね)』

息子
『・・・。』聞こえないふり。

って。いわれてるの。

あとね、サッカー生地もスキ。
カラフルなストライプで、
「サッカー生地じゃなきゃ絶対に買わない柄」
”家ン中限定”ハーフパンツがあるんだけど、
それを履くと
『あ、すいかパンツ!』
って言われてる~。でも気持ちいいんだよね~。

夏の服はさ、ほんとに、デザインより素材よ素材。
化繊はホントに着なくなるわね。

久しぶりのコメント、相変わらず長くて、そのわりに
くっだらなくてごめんあそばせね!

どうぞ、kotoriさんご一家、夏バテされませんように!!


2015.08.12 20:01 | URL | #- [edit]
ベス様 says...""
あぁぁっ!!私としたことがっ!!
シミーズだわよね、ここは。
あぁぁ、残念。
本当はシティガールだってことがばれちゃったわね(シティガールって)。


楊柳はいいわよね~(*´ω`*)
夏の服はみんな楊柳でいいと思うけど、まぁそうもいかないのでシミーズwだけでも。
ホント、涼しくて快適★

サッカー地ももちろん好き♪
家用の服はサッカー地が多いかな。
家族のバジャマはみんなサッカー地w

・・・って、こういう昭和感覚ってそのうちなくなるのでしょうね・・・
みんな化繊の「クールうんたら」が夏の素材だって思うようになるのだろうなぁ・・・


だ・か・ら・こ・そ! (お・も・て・な・し風)、
私はずっとこのブログで昭和を発信していく所存でございます ←何その所信表明
楊柳やサッカーなどの生地は、日本の気候と技術が生んだ、日本の夏ならではのものだと思っているから、
是非継承して行きたいなぁと。

ユニクロで楊柳やサッカー地の、しかも綿のステテコが発売されたら買い占めます!!(真顔)
2015.08.17 15:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。