ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

夏のクラッシックは素敵

0

好きな音楽を、
興味がある時に、好きなだけ聞くのが好きです。
だから常に私の周りに音楽が流れている、ということはありません。

スポンサーリンク

むしろ私は、音がない生活の方が没頭できる気がします。
音楽もラジオも、考え事をしたい時には必要ないなぁと。
 

若い頃とは違い、音楽を聞きたい!という気持ちがほぼなくなったので、
興味があるアーティストに出会い、その人を知り尽くすために聞きまくって、
知って満足、という感じ。


話しは変わりますが、
我が家には昔、常にクラッシックが流れていました。


それはスズキメソードに通っていた時に、
「耳から覚える」
という方法をとっていたからで、その時習っている曲を延々リピートしていました。

リビングだけでなく車の中でも。


今もうちの車のHDには、練習している曲が全部入っています。
これをドライブ中に流すわけですが、今はもうそれを聞いているのは私だけ。

アニーもトートも、自分の耳は自分のipodのイヤホンでふさいでましたから(゚Д゚)ノ
特にトートはひどいです。
トートに与えなければよかったものナンバーワンはipodですから。

アニーはこういう風にいつなんどきでも耳をふさいでということがなかったので、
正直トートのこういうところには困っています。

時間を決めてとか、そういうのがもう全く通用しなくなってしまったので、
「叩き割るからね。私が我慢の限界に達した時、振り上げた右手を何の躊躇もなく振り下ろすから」
とか、
「ituneを削除することにためらいは一切ないからね」
と言い続けています。

言葉の通り躊躇は全くないです。
コンクリートにたたきつけて、粉々にしてやる気、満々です。

今はそのシーンを想像して我慢しているという感じ。



話しがそれました。

そういったことで、車の中でクラッシック曲を流しても、肝心の子供が聞いていないので、
ある時からはラジオに変わってしまいました。

聞き流すにはいいです。
他愛のない話を、こっちからこっちへ流していく感じ。

運転に最大の注意を払いながらも、いい感じでバランスがとれるというか。


朝聞いているラジオのコーナーの中に、毎週テーマを決めてクラッシックソムリエが曲を選ぶ、というものがあります。

少し前のその週のテーマが
「聞いて涼しくなるクラッシック」
というもので、いろいろな曲をピックアップして紹介していました。

まぁ確かに涼しくなるというか、サラリとして暑苦しくないというか?
涼しくなるクラッシックとは、面白い着眼点だなぁと思いながら聞き流していました。


その数週間後、その週のテーマはなんだったか忘れましたが、ちょうどその日流れたのが
「ラフマニノフ」
でした。

ピアノ協奏曲の中でも一番好きなのがラフマかもw
ただ、その日流れたのは時間の関係で第三楽章の最後の最後の盛り上がりのところ。


う~ん、物足りない!!と思い、すぐにHDに書きこんであったラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番を聞いてみました。


そして感じたのが、
「あれ? 夏にクラッシックってものすごく合うじゃない!」
ということ。


ただ単に、車の中にクーラーがきいていて涼しかったからかもしれませんが(笑)、
なんかラフマを聞いているだけでスーッと涼しくなった気分♪


クラッシックって、イメージ的に暑苦しい音楽と思っていましたが(思ってたんかい)、
いやぁ、夏こそクラッシックかも。

ここのところ歌謡曲ばかり聞いていたせいか、クラッシックが妙に新鮮♪


以前は断然第一楽章が好きだったけど、今は三楽章の明るく開けていく感じが好きになってきました。
歳のせいかね^_^;


それでは、夏に爽やかになるクラッシックの名曲を、風鈴代わりにお聞きください(^o^)丿








涼しくなった?


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。