ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

自転車のパンク、どうしてる?

2

パンクは突然やってきますよね。
夕方ならまだしも、朝に
「お母さん、パンクしてる!」
なんて言われると、毎回毎回焦ってしまします。

それでも私なんて仕事をしているわけじゃないからいいです。
仕事を持っているお母さん方、どうしてらっしゃいます?

スポンサーリンク


というかこんなこと、オットーがいた時には考えもしませんでしたが。

「オットーに見てもらえばいいや」
「オットーに考えてもらえばいいや」

思えば私のこれまでの人生、なんだかんだ言ってオットーに頼りっきり。
頼るというか・・・面倒くさいことを丸投げというか?

そもそも自転車のパンクに関しては
「そんなもん、男なら直せて当たり前や」
という考えのオットーだから、修理に出すことも出来ず。

まぁ今思えばこっそり修理に出せば丸く済むことなのですけどね。
でもなんていうか、そんなことすら隠したくないという気持ちが私には強くて。

修理に出すのなら、
「そうやな、パンクを直すのなんて俺の世代ぐらいやろうな」
とスッキリした形で出したかったのですよね。

いつもいつもパンクのたびに
「俺の子供の頃はパンクなんて直せて当たり前」
「パンク位直せないなんて」
と言われ、そういうものだと思っていたし、言われるたびに嫌な気持ちにもなったし。

そういえばこういうの、子供たちはどう思ってたんだろ?
オットーの言うように
「直さなきゃいけないんだな」
と反省したのかな?

それとも
「こんなこともできないふがいない自分」
と思ったのかな? ←これ私ね


願わくば
「また言ってるよ。はいはい、スルースルー」
と思っていてほしいけど。



実際、オットーが不在になり子供たちの自転車のパンクは私の問題でもあるようになり、
修理自体は結構簡単なので私もやってみたことがありました。


でもゴムに開いた穴をふさぐこと自体は簡単なのだけど、
何が大変ってチューブを外す作業!これ、慣れていないと本当に大変。

スパナ?みたいなもので端をひっかけてテコの原理で外せばいいのはわかっているのです。
でもこれが頭でわかっているのと実際にやるのでは大きく違います。

とにかく、女性の力ではちょっと難しいと思うのです。
私は人より力があると思っていたけれど、それでも無理でした。


というか、一時間ぐらい散々格闘し(真夏だったから死ぬかと思った)、
どうしてもどーしても外れず、泣きたい気持ちになり諦めました。

で、その週末オットーが帰ってきた時に修理してもらったら、
「ずいぶんチューブを傷つけたな。逆にこれでパンクするで」
とか言われて・・・


「もう二度とやるかいっ!!」
と思ったあの夏の日(笑)


ただ、もうやるもんかと思っても、ちょっとパンクしてるかな?どうかな?っていう状態で、乗って帰って来ちゃううちの子達。

うちに乗って帰って来られたら、次の日は乗って行かれないわけで、
そうなるとパンクは子供たちの問題ではなく私の問題になるわけで。


虫ゴムを変えてみたって治らない場合がほとんど。

かといって、自転車を車には乗せられない、乗ることには乗るけど、それはこの春アニーの自転車を車で運んだ時は、オットーが積み込んでも一苦労でした。

私とトートも手伝って三人がかりで乗せたし。 


その日も朝急に
「パンクしてるから車で乗せてって」
と言うので慌てて送っていき、ちょうどその日は天気も良く、自転車を押して20分、ホームセンターまで行って修理してくればいいやと思っていました。


ところがトンチキなトート野郎、自転車のカギを持って行っちゃった!!
だから私が日中に直しに持って行くことも出来ず、かといって後輪がパンクしてるのに、その後輪にロックがかかってるから私が直すこともできないし。


はぁぁぁっ、とため息をつき、この件に対してトートがどう出るか、様子を見ることに。


しかし、帰宅したトートにその話をしても
「ふーん」
だけ。

どうしたらいい?どうしようか?というような相談もなし。
パンク問題はもう自分のことじゃなく私がなんとかする事と問題がすり替わってるし。


かといってこのまま放っておいたら、明日私が送り迎えをすることになるだけ。
どっちにしても損するのは私。


またしても大きくため息をつき、のぼせた頭を冷やす意味とウォーキングの代わりと前向きにとらえ、夕方から直しに行きました。


しかし、夕方は中学生がパンクの修理で混んでるかも・・・という予想をはるかに超え、4時半に持って行ったにも関わらず、
「出来上がりは6時」
と言われてしまい・・・

最初は頭を冷やすのにはちょうどいいかと思ったけれど、段々お腹も空いてきたし、すぐに終わると思って出てきたから夕飯の準備は何もしてないしで腹も立ってきました。

どうして私がこんなことをしなきゃならないのか。
それをありがたがられるわけでもなく、やって当然みたいな顔をされ、なんだか私は女中みたいじゃん!


そう思ったら、せっかく冷えた頭がまたカッカしてきちゃって。


そのムカムカを押さえきれなくてつい態度に出てしまい、その後トートと大喧嘩。
あー、思い出しても腹立つ、あの言いぐさ。


百歩譲ってやってやってもいいの。それができる状況なのだから。
だけど、それを当然と思われるのはやっぱり嫌。
それに何が嫌って、やっぱりおかしいでしょ、そういうの。

自転車のパンクを自分で直せとはいわないけれど、
中学三年生にもなって、自分でどうにかしようと思わない、それなのに自分を正当化する屁理屈ばっかり上手になっているのがもう嫌だ!


一番腹立ったのは
「別にお母さんが直しに行かなくても、歩いて学校に行くし!」
と言ったこと。


行くわけねーじゃん(゚Д゚)ノ

そう言うと
「どうしてそんなこと聞きもしないでわかるの?」
だって。

トートみたいな子が、こんな不毛なことを言うのがホント残念。


はー、でももう自転車のパンク問題はルールを決めました。


帰って来る途中でパンクかなと思ったら、帰る途中にあるホームセンターでまず空気を入れてみる、そして駐車場を乗ってみてやっぱり駄目ならそのまま自転車を修理に出す


というか、なぜ今までこうしなかった?だわよね(-_-;)


トートもアニーもそうだけど、
しっかりしているようで、しかも口では自分はさも一人前のような事を言い、
それだけならいいけど私をさげすむような言い方をするくせに、こんな簡単なことすら判断する力がないのには呆れます。


そりゃ確かに私はさげすむに等しい人間かもしれないけれど、
でも生きていく知恵みたいなものはあんたたちよりは持ってるよと言いたい。


ただ今回のトートとの言い争いの中で、私の中でしっかりとトートとの決別・・・というか線引きみたいなものができちゃいました。

とうとう、トートとも私の方から子離れができたという感じ。


となるとにゃんこだわよ。
今気になってるにゃんこがいるのです。もう衝動的に飼っちゃうかも。





☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2 Comments

まるでん says...""
ふふふ(^^)
いつも楽しくブログを拝見しています。今日も、カッカしている?コトリさんには申し訳ないけど、ちょっと笑っちゃいました。
それにしても自転車のパンクを自分で直す発想なかったなぁ。それができるってすごいですよ!
パンクした自転車って本当に困りますよね!
今は修理の出張サービスもたくさんあるので頼んじゃってます。
今度はご主人がいらっしゃる時に、トートくんにパンク修理の技を伝授してもらったらどうかしら?
パンクしてなくても一度解体してみるとか、そういうのサッとできる男の子カッコ良いし(^^)とか煽ててね。
最後に、猫、良いですよ! 初めからお外に出さないで完全室内飼いにすると、病気や事故も防げますしね。
まぁ思い通りにならないのは、息子も猫も一緒ですが、可愛いから許せます(^^)
2015.11.18 01:06 | URL | #- [edit]
まるでん様 says...""
も~、まるでんさんすいません、お付き合いさせちゃって^^;
今は湯沸かし器の(笑)沸騰も収まりましたのでご安心をw


そっか、自転車のパンクって自分では直さない物なのですね!
オットーと暮らしているのが長いので、自分で直せない方がおかしいという感覚に染まっていました(笑)

修理の出張サービスって・・・お高いんでしょう?(´;ω;`)
それを考えると根っからの貧乏性な私は、パンク自転車を押して運んじゃいますよ・・・(-_-;)


パンクの修理の仕方、オットーが図で書いて説明し、子供たちに渡して行ったのです!
何がスゴイって、そこまでして子供たちにパンクを自分で直させようというオット―ですが(笑)

でもね~、どんなにオットーがそうしてくれても、
結局は本人たちに自分がなんとかして直そうっていう意思がないから・・・ね(;´∀`)

今回は仕方ない、私がやるか!と思ったら鍵まで持って行かれちゃったっていう、
あっちもこっちも八方ふさがりで、湯沸かし器に着火!だったのでした(;´Д`)


にゃんこ・・・
これはまた別記事で詳しく語ります ←いらね?
2015.11.18 11:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。