ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

歌番組を見ていて思ったこと

6

最近の歌にはとんとついていけないけれど、
少し前の歌なら今の歌ほど体が拒否しないというか。


例えば、まったく聞いては来なかったけれど、耳には入ってきていた浜崎あゆみさん、とか。
世代も聞く音楽の傾向は違えども、一緒に時代を生きてきた感がある、みたいな。
こういう方たちには違和感がないのです。

スポンサーリンク


 
が。


先日もやっていたFNS歌謡祭とか見ていると、なんていうんだろ・・・
生きざまがあらわれているというか?


歌の上手い下手って、持って生まれたものもあるだろうし努力で築きあげたものもあるだろうけれど、やはりそれを「維持していく」っていうのが一番大事なのかなと。

どんなに努力を積み重ねても、年齢には勝てない部分もありますが、
それでも驚くほど声が出ているし、若い頃よりもさらに魅力が増している方も中にはいて、
「ほ~・・・」
と感心させられます。


FNS歌謡祭でいえば、長時間の番組だったのでずっと見ているわけにもいかず、
録画したものを流しっぱなしにして音だけ聞いていたのですが、
「え?これ誰?」
と思ってテレビの前に来るほど、ハッとするほど上手な方もいれば、
「え・・・誰だよこれ」
と思って、先ほどとは逆の意味でテレビの前に見に来た人もいたし。


その中でさすがだなと思ったのは、由紀さおりさん、高橋真梨子さん。
これは年齢を重ねても声に張りもあるし高音もしっかり出ているのがすごいなと。


広瀬香美さんは、以前テレビでも見たけれど毎日のボイトレを欠かさずに続けてらっしゃると言ってましたが、さすがにあの高音を維持していくのは難しくなったか?とちょっと寂しくなりました。

意外なところでチャイさんが上手くてビックリ。
「誰この上手い人?」とテレビの前に来てみたらチャイさんだった、という。


この番組、口パクじゃなく生歌だったのですよね?
だとしたら・・・今までの歌番組のやってきてしまったことは罪だなぁと感じました。

今は歌一本でやっていく芸能人というよりも、歌も女優もモデルも、と兼業されている方が多い気がします。

それも仕方がないのかな、CDが売れない時代というし。


だけど、この中でお金を払ってみたいと思ったのは由紀さおりさんと高橋真梨子さんだけかなぁ。
あの平井堅さんですら「あれ?どうした?」と思ったし。

というか平井堅さん、怪し過ぎ。
爆弾を隠してそう、あのマントの下に(-_-;)



大竹しのぶさんの歌も心に響きました。
すごく上手いというのではないのだけど、心に届く感じ。

横山剣の歌もさすがだなという感じ。
あとWaTの二人も思っていたより上手くて驚いたかな。
T.M.Revolutionも安心して見ていられたな~。


そう、安心して見ていられるっていうところが大事!
ドキドキしちゃうんですよ、大丈夫かなって。
そしれ大丈夫じゃなかった時にはガッカリしちゃうし。


ただ全体的に、悲しいけれどキャリアが長いベテラン歌手の歌のレベルが下がっているなぁと感じた番組でした。



・・・と、思ったことをつらつらと忘れないうちにと書き留めたのがここまで、
その後のヤフーニュースで
「中山美穂が歌手活動を本格再開 テレビ出演で手応え」
って。


えーーーーーっ(゚Д゚;)




反射的に浮かんだ言葉、
こっ、厚顔無恥?


確かに瞬間最高視聴率をとったらしいけど、それってどういう意味が隠されてるだろう?
ウワサによると、ザッピングによるものも大きいという話もあるし、
それに合わせて出番を調整したとも勘繰れるし。


私でいえば、
「歌手活動をしてこなかった間にも、きちんとボイトレをしていたのかどうか」
だけを確認したくてチェックしただけだけど。

結論から言えば
「あぁ、何もしてきてなかったのね」
でしたが。

同年代のアイドルでいえば、松本伊代ちゃんの方がまだ声が出てると思う。
「伊代はまだ~50だから~」
っていう歌を聞いたけど(笑)



 

プライベートでもいろいろあったようですが、それらについては真実はわかりません。
ただどういう事情かわからないけれど、母親が子供を置いて出て行くというのは相当の覚悟が必要なこと。

「子供を捨てた」「新恋人」とかなんとか言われても、女優(という)なら、歌手(という)なら、見る人・聞く人をうならせるものがないとね。その程度の人と見られても仕方ないんじゃないかな。

恋に生きるなら恋にだけ生きてればいいのに。もしかしたらそこから「感情を込めた演技」や「心に届く歌」が表現できるかもしれないのに。

手っ取り早く昔の名声に乗っかろうとするから反感買うのでは?(゚Д゚)ノ



でもさ、生き様ってあらわれますよね、いろんなところに。
歌のわずか数分の様子を見ただけで、なんとな~くどうやって生きてきたか、いろいろ見えた気がするけど。
需要、あるところにはあるの?どうなの?

とはいえ昔は好きでしたけどね、ミポリン。
でも今の彼女は私にとって「残念な歳の重ね方」の見本でしかありません。


スポンサーリンク

6 Comments

panda says..."わたしも…"
初めてコメントします。
私もまったく同じこと言いながらみてました。
歌って短い間で生きざま映し出してしまいますね。
2015.12.06 09:05 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.06 09:55 | | # [edit]
panda様 says...""
pandaさん、コメントをありがとうございます(*´ω`)

やだpanndaさん、一緒にテレビを見られたら二人で盛り上がれましたね~(≧▽≦)
1人でブツブツ言うの、寂しかったんです(笑)

ああいう番組を見ていると、「プロ」の仕事がいかに見ていて清々しいか、
そして人として尊敬できるか、その辺がよくわかりますね。

この番組で私の中での株が大きく上がった人・大きく下がった人、ハッキリ分かれました(;´Д`)
2015.12.06 14:53 | URL | #- [edit]
鍵コメ様 says...""
いやん、鍵コメさんそんなハッキリと(笑)
私も鍵コメさんと同じように思ってますが、さすがに書けなかったのでね(;´・ω・)
要するに彼女、自分が一番好きなんですよね。
だったら子どもなんて産むな!と言いたい。
あ、喜多嶋うんちゃらさんにもそう言いたい(笑)

ね?これで視聴率の秘密がわかったでしょ~?
なのに本格活動って・・・勘違いも甚だしい・・・(;´・ω・)
2015.12.06 14:56 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.12.07 22:19 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
うんうん、そうそう、ヤ〇キーよね、基本。
なのにシャルルドゴール空港とか、ちょっと背伸びしちゃってる感じなのよね。
つか、彼女の支持者が多い?生き方に共感!?っていうのが不思議・・・(-_-;)

・・・という話で私たち、一晩お酒が飲めるわね。
というか多分、この話のキモにまで届かずに夜が明けるわね(;´・ω・)


例の3.11の時、アーティストたちがこぞって動画をアップしたことがあるじゃない?
あの時ご多分に漏れず彼女ら夫婦(当時は夫婦だった)もアップしたの、覚えてる?

あの時の歌のひどさ・・・悲しくなったのよ。
いえ、元々の上手い下手とかじゃなくて、これまでボイトレをしてこなかったことの悲しさ?

でもその時は
「あぁ、ミポリンは(言っちゃったよ)歌を捨てて母として生きてるんだな」
と理解したわけよ。

で、このざま。←言い方

なんか・・・本当に残念でならないわぁ。
2015.12.08 12:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。