ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

合同誕生日パーティ

0

先日の三連休(っていつの話だ笑)、久しぶりに家族が全員そろった事、
そして11月はオットーのアニーの誕生日月ということで、合同誕生日パーティをしました。

スポンサーリンク
 
誕生日。
これまで何度パーティをしてきたことでしょう。

自分が子供だった頃、結婚してパートナーが出来てから、
そして子供が生まれてから。

特に子供が生まれてからは、どうしたら子供が喜んでくれるか、どうしたら楽しみにしてくれるか、いろいろ考えてきました。

それは子供たちの楽しみであったでしょうが、何より私の楽しみでもありました。


部屋を飾りたてたり料理に趣向を凝らしていた、まだ子供たちが小さい頃から、
ここ数年ではもうずいぶん様変わりして、
「ハッピーバースデートゥーユー」
と歌うのも、もう私一人になったし(笑)


電気を消そうとすると
「別にいいよ」
と言われた最初の時は、やっぱり寂しかったなぁ。

でもそれも成長の証し。
ケーキを食べるのが誕生日を祝うことじゃないし、
ろうそくを吹き消すことが大事なことじゃないし。


その日はアニーもなかなか一人では食べる機会がない手巻き寿司にして、
食後に買ってきたホールケーキを食べました。

せっかくなのでバースデーケーキには
「お父さん・アニー 誕生日おめでとう」
とプレートに書いてもらって。


アニーはもうそういうことは恥ずかしいとも面倒とも思わない年齢に達したし、
トートもそのトンネルを抜け出しつつあるこの頃。

なんだかすべてがいい感じに納まった感のある、今この時の誕生日会。
なんだか嬉しいなぁ。


そこでフト思ったこと。




いつまでできるのかな、4人で誕生日ケーキを食べるなんて。


そりゃぁ確実に残りの回数は少なくなっているでしょうね。
もしかしたらもう片手で余るくらいになっているかも。


そう思うと、やっぱりどんなに日々の生活に追われようと、
その時その時を大事にしないといけなかったのだなぁと、つくづく後悔します。

あれもこれも一緒にできない、その状態が苦しいと感じる私にとって、
子育てを十分に楽しめたかと聞かれれば、
「はい」
と素直に言えないなぁと。


でも仕方ないですね。もう過ぎてしまったのだから。
だからこそ、残り僅かなこんな機会を存分に楽しもうと。

過ぎてしまったことを残念がるのではなく、
今目の前にある幸せに感謝した方が絶対にいいはず。


子育てって・・・本当にまぼろしのよう。


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。