ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

写真入り年賀状っていつまで出す?

0

年賀状はもう書き終りましたか?
というかそもそも、年賀状って親戚以外にはもう必要ないのでは?という気もするけど。

スポンサーリンク

そうはいっても
「じゃぁ今年からやめまーす!」
ともいかないのが年賀状ですよね。
 

それに何十枚も何百枚も(いるのでしょうね、きっと)年賀状を作るとなると大変だけど、
うちのようにさほど多くない枚数だと
「面倒くさい」
とも言えないし。


この間も友達に、
「〇〇ちゃんって全く会ってないけど、今年も年賀状を出すべきだと思う?」
と聞いてみたところ、
「62円だから出しとけば」
と言われ妙に納得★

だよね、62円で丸く収まることもあるよね(`・ω・´)


ところでタイトルにも書きましたが、子供が生まれてからというもの年賀状は
「子供の写真入り年賀状」
になりました。

子どもの写真年賀状っていろいろ賛否があるようだけど、
うちの場合はのべつまくなしに出しているわけでもないし、少なくともうちの子供たちの写真年賀状を見て
「これ、誰のうちの子供?」
というような全く面識がない方に出している訳ではないので大丈夫かと。


というか、少なくとも私は、知り合いからの子供の写真入り年賀状が大・大・大好き。
遠くに住んでいる友達や、近くにいるけどなかなか会うこともなくなった人など、
お正月にこの一年の様子がわかる写真入り年賀状を見るのがとっても楽しみなのです。

だから自分が作る年賀状も、我が家のその年のトピックスを盛り込むように作っています。

入学した年には入学式の写真を、
夏に家族旅行した場所で撮った写真とか、そういう感じ。


2016年の年賀状ももう作り終ったのですが、
なんといっても2015年の最大のトピックスはアニーの大学入学♪

大学で撮った桜の花と一緒の写真を一枚、それと
アニーは不在でしたが夏に家族で行った旅先でのスナップを一枚。

これらの写真を載せるだけで、受け取った人は
「あぁ、水谷さんちのお兄ちゃんはもう大学生になったんだね」とか
「旅行は山に行ったんだ、あいかわらず好きだね」とか、
「いや~、弟君はお母さんの背を超えたんだね」とか、
たった二枚の写真でも、そこから読み取れる家族の現在がたくさんあると思うのです。


それは逆もしかり。
先ほども書いたような気持ちで、送られてきた写真入り年賀状を見るのが何よりも楽しみ♪

友達だけでなく、遠くに住んでいる親戚はもう年賀状のやりとりしかありませんが、
だからこそこちらの近況を伝えるのには写真入りが喜ばれるのでは?と考えているのですが・・・
どうなんでしょうね。



ところで今年はアニーの大学入学があったので年賀状に写真を載せましたが、
来年の年賀状はもしかしたらアニーが載らないことも考えられますねぇ、うんうん。

そしてあと数年後には・・・
うちもとうとう写真入り年賀状が送れなくなる時がくるわけで。

写真入り年賀状作りは毎年私の楽しみの一つでもあったから、それがなくなるのは寂しいです。
あと・・・3回?4回?(´;ω;`)


でもね、今年の年賀状作りに購入した本がとっても華やかできれいなデザインばかり!




写真を合成するテンプレートの他に、華やかなイラストの年賀状がたくさんあって目移りしたほど。
子どもたちの写真入り年賀状でなくなったら、こんな綺麗な年賀状でもいいかなぁと。


本屋さんでこの手の本を探しに行った時に感じたのが、
「華やか」
「和モダン」
等の、キラキラしたイメージのものが多かったこと。
今年のトレンドなのかな?


いずれにせよ、どんなことにも寂しさではなく楽しみを見出していけたらなぁと思います。


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。