ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

マジック ザ・シークレットをより深く理解するための本

4

昔からいろいろな啓発本を読んできました。
それらを読み返すと、「ん?」と思うものも多数あり。

それって、その時の自分にはあっていたけれど、
今の自分には合わなくなったということなのでしょうね。

ということは、その啓発本を読んでいた頃の自分はすでに乗り越えて来た、ってことかも?
 

スポンサーリンク



以前、「ザ・シークレット」という本を読みました。
 




引き寄せの法則の本としては一番有名ですよね。
確かに素晴らしい内容なのですが、どうも私、翻訳本の日本語の言い回しが頭に入って来ないというか。


なんとな~くわかったような、でも根っこのところがよくわからないというか。
そんなモヤモヤした気持ちで何度も何度も読み直した本です。


で、この本は関連本というかシリーズが何冊も出ているのですが、その中の「ザ・マジック」という本のレビューが良かったのでこちらも読んでみることに。
the_magic.jpg





結果・・・これでした、私にあっていた本は。
点と点が線で繋がった、そんな感じ?


この本はいわば実践本で、この本に書かれていることを28日間続けなければなりません。
そこで「そんな大変そうなのは出来ない」と思われるでしょうが、これが案外できます。
そしてその28日の中で必ず自分なりの気づきがあります。

その気づきは人それぞれだろうし、自分の中で欠落している部分に気付くこともあるでしょう。
この本は要約すれば「感謝する」ということにつきます。

でも正直私は
「感謝ならしてるよ?私、そこまでひどい人間じゃないよ?」
と思っていました。


そんな半信半疑ながら28日間続けてみると、いえ、28日ではなく数日で、いかに自分は感謝する日々を送っていなかったかということに気付かされます。


あのね、とにかく目からウロコです。
感謝って・・・そうだよね、そういうことだよね、とうっかりすると涙が出て来ます(笑)


私はすでに28日間は終えていますが、今も毎日書かれていることを実践しています。
それによって引き寄せの法則が発動されたかどうかはわからないけれど、
自分の考え方がガラリと変わったということだけはハッキリわかります。

これまでの自分の人生は、自分の思考によって引き寄せられていたのだということもよくわかりました。

何が一番良かったって、自分が楽になりました。ここ、とても大事。

それによって考え方がとても柔軟になったし、相手がいる場合は見る目も変わってきたし。

きっとこういうことを続けていくうちに、何かを引き寄せることになるのだろうなということは、宗教っぽいとか夢物語とかではなく、当然の事なのだということもわかりました。

面白ーい!!(≧▽≦)



とにかくおススメします。
引き寄せの法則とかそんなものに興味がなくても、生きやすくなるために読んでみるのがいいかも。

ザ・シークレットでモヤモヤしていた人はザ・マジックを読んでみることをぜひおすすめします。


ちなみに一緒に写っている「ザ・パワー」は早々に挫折(-_-;)
「愛」というテーマが今の自分には合っていなかったみたい(笑)



☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.13 00:14 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、こんにちは!

この本が頭に入らないというのは今の時点では当然かもしれません。
なぜなら鍵コメさんが今現在、自分の幸せを願うよりも子供の事が気がかりな時だから。
鍵コメさんは本当に優しいお母さんですね。

私も去年の今頃はため息ばかりついていましたよ。
そして終わった今も、週末のセンターを考えると苦しくてため息が出てしまします。

だから鍵コメさんの様子はいたって普通の受験生のお母さんです、大丈夫(^-^)


しんどい気持ち、痛いほどによくわかります。
そんな時に私が考えたこと、それは
「私の事じゃないからいっか♪」笑

心配し過ぎて突き詰めるとここに至りました^^;
苦しさから逃れたい一心だったのかもしれません。

でもね、結局のところ結果を出すのは子供だし、その結果を受け止めるのも子供。
そばにいる親は何もできないのですよね。ホント、親なんて無力です。
悩んで苦しんでため息をつくくらいしかできないのですものね。


だけど子供って親が考えているよりずっとしっかりしていて、
きっと受験というそのものをキチンと受け止めていると思います。

だからもう本人にお任せしちゃおうと。丸投げ作戦です。
鍵コメさんも辛くて苦しければ丸投げしちゃってください。
結構ちゃんとやってくれますよ。信頼してあげてくださいね。
2016.01.13 10:36 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.13 12:29 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
今年は天気が良さそうというだけでも幸先がいいですよ!
ラッキーですね、今年受験される方はw

見守るということは確かに親としての最高難易度かもしれませんね。
ついつい不安を口に出してしまうのは私の悪いクセです。
でも安心するのですよね、口にすることで。

でもね、思うんです。
親だって「初めての経験」なのですよね。
だからオロオロしちゃって当然なのだと。

これも親としての経験の一つとして、お互いに成長できたらいいですね(^-^)
2016.01.14 10:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。