ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

将棋熱が復活

0

最近トートが復活し始めたこと。
それは将棋です。

スポンサーリンク



小学校の頃はよくオットーとやっていました。
ハンデをもらって楽しそうにやっていたなぁ。

中学生になってからは部活もあるし勉強も少しはやるし、
なにより「将棋よりももっと楽しい事」が増えたということですね。
次第に将棋盤を出すことはなくなっていました。


じゃぁなぜ今また将棋熱が復活したかと言えば、
オットーがスマホを買ったから。

ん?オットーのスマホとトートの将棋が同感系あるの?ですよね。


オットーがスマホにしたのが12月。
このブログでも何度も書いていますが、格安SIMのマイネオに替えたことで、スマホを嫌がっていたオットーにも比較的すんなり乗り換えができました。




あれから二ヶ月。さすがのオットーもこの間
「やっぱりスマホは便利やな」
と言ってきました。

そりゃそうだ。
むしろ便利なことはわかりきってるのに使いもせず否定し続けてきた方が私には不思議。

会社での立場的なこともあるだろうし、ガラケーの良さはもちろんあるけど、そこに固執し続けるのはちょっと頑固じじいっぽく見えたもの(;´Д`)


まぁそんなこんなでオットーもスマホに慣れ、ナント
「スマホに何かゲームを入れてよ」
とまで言うように!


電車で移動したり、夜にお酒をチビチビのみながらやりたいらしい。
でもオットーがゲームって・・・やってるところを想像できないのだけど?

「もちろん将棋やで?」


な、なるほど。
だよね。オットーがロールプレイングゲームをやるところなんて想像できないし。


早速、将棋アプリの中でも人気のあるものを入れてあげたところ、これが結構時間つぶしになっていいそうな。

将棋アプリ 将皇
無料
(2016.02.01時点)
posted with ポチレバ



オットーもこれまた子供の頃から父親としょっちゅう将棋をさしていた人。
テレビゲームよりもこういう版ものゲームを楽しんで来たから、将棋アプリがあればいくらでも時間がつぶせるそうな。


その時についでに家のipadにも同じアプリを入れておきました。
トートはよくipadを使っているけれど、どうせ使うなら将棋でもやって欲しいので。

だって・・・vipperとか見て笑ってるだけって・・・なんかもったいないでしょう?


そんな気持ちで期待もせずに入れておいたのですが、これが気づけば将棋をさしているように。
でも考えてみれば当然かも。

将棋盤を使ってさす将棋は当然のことながら相手がいないとさせないけれど、
アプリならいくらでも相手になる人がいるのだから・・・将棋盤でさすよりむしろ楽しいかも!?



でもやっぱり将棋って相手がいて楽しいと思うものなのだなぁと思ったのは、
トートが学校で友達と将棋をしていると聞いたから。


ある日
「今日は帰りが遅くなるかも」
というのでなぜだか聞いてみた所
「放課後友達と将棋するから」
と。


ね、どんなに良いアプリがあろうと、結局は人と人なのですよね。


そして笑えることが。

以前、まだ大河で真田幸村をやるなんて知らないずっと前、真田氏歴史館に行った時にお土産で買ってきた
「六文銭きんちゃく袋」
に将棋の駒を入れて学校に持って行ってたということ!


将棋盤はどうしてるの?と聞いたら
「ルーズリーフを使ってる」
って(笑)

いろいろ考えるね(*´з`)



「高校生になったら将棋同好会を作ろうかなぁ・・・」
とつぶやいていました。

イイネ。どんどんやれやれ。


ただその代わり、将棋をさすまえにはぜひ走り込みからして欲しい(゚Д゚)ノ
とにかくもう、運動不足!
頭を使う分、体もしっかり動かさないとね。



そういえばそんなトートが好きな漫画「3月のライオン」に出てくる二階堂。



棋士の村山聖さんがモデルだったのですね!
しかも松ケン主演で映画になるのだとか。

はー、二階堂と村山棋士が重なって涙出て来た・・・


はっ!
もっ、もしや二階堂が今後・・・・!?ガクブル

やっ、やめてね羽海野先生・・・ガクブル



☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。