ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

松本明子の子育てに思う事

6

少し前のことですが、「しくじり先生」という番組で松本明子さんが出演された回を見ました。

何でもそうだけど、見る人によって思うことはそれぞれなのでしょうね。
もちろん私は松本明子さん側に立って見たわけですが。

スポンサーリンク
 

この番組を見たことがない方、この回を見逃した方にちょっと説明を。

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は、過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”たちが
「自分のような人間を増やすまい!」という熱意を持ち、生徒たちにしくじった経験を教えていく・・・という番組。

過去にはオリラジや杉村太蔵さんらが出演し、「神回」とまで言われるほどのものになりました。
私もこの番組をほぼ見ていますが、この二人の回は本当に面白かったです。


それから、よくまぁ触れたなこの話題にと思ったのは辺見マリさん。
自信の洗脳騒動を全て洗いざらい告白したのですが、まぁすごかったです。
正直、途中で見るのをやめようと思ったほど見ていて苦しかった。

不思議なのは、あれだけの内容なのに、その後芸能ニュースでもほぼ話題にならなかったこと。
辺見マリさんが旬の芸能人ではないからにしても、なんだか意図的に話題にさせない力が働いているような感じでちょっと不気味です。

宗教的な洗脳で億単位のお金をだまし取られたのですよ?
しかもその人は未だにつかまってないのですから・・・こわっ。


その他のしくじった先生たちも、どの方たちも過去におかした自らの失敗を、
どう受け止め、それをどう今に活かしているかを赤裸々に告白しており、とても心を打つものがあります。


そして先日の松本明子さんの回。
話題は松本さんの破天荒な性格ゆえに巻き起こしてしまった過去の失敗や、
最愛の息子にナント3年も無視し続けられたという話をしてらっしゃいました。


松本さんの息子さんは中学三年生。トートと同い年です。
うちもそうだからよくわかりますが、思春期の息子に対しての行動を一歩間違えるとこうなるのだよね・・・という話でした。

その間違いとは、「溺愛」。


松本さんの、相手の気持ちをあまり考えたことがないという性格と、
一人息子を溺愛するあまり、思春期の息子にしてはいけないことを次々とやらかすわけですが、
最終的には口もきいてもらえなくなり、寂しくなった松本さんは、夜中息子さんの部屋に忍び込み舐めまわしたのだとか(笑)


まぁこれは番組的に多少盛っている部分もあるでしょうが、気持ちはとてもわかります。
私も、朝トートの部屋のカーテンを開けに入った時、無防備な姿で寝ているトートの顔をそっと見るのが楽しみの一つ。

こんな時でないとトートの顔をじっと見るなんてこと出来ないので。
舐めはしませんけどね。


なんていうかなー。
思春期だから仕方ないのでしょうけど、この思春期が終わったところでもう以前のようなトートは戻って来ないのだと思うと、子育てってなんだろうなーと虚しくなります。



私って、ここまでバカにされなきゃならないの?


涙が出て来ますよホント。
そりゃ私はバカだしトートは賢いし、バカにされても仕方ないだろうし、実際トートから見たら
私は尊敬に値しない人間なのだろうし。

いや別に尊敬なんて全然して欲しいなんて思ってもいないけども。


単なる女中だわね、トートにとって私は。


それでもいいのだけど、悔しくてならないのがATM扱いになっていること。
そしてオットーの事ばかりかばってるのもなんか腹立つし。

そりゃぁ働いてくれるのはオットーで、私も感謝してるけど、
私だって少しは、少ーーーしは役に立っている部分もあると思うけど。



松本明子さんは最愛の息子に愛想をつかされたことを猛反省し、息子との距離を置いてみた所、
ある日息子から手紙をもらったのだそう。「いつもありがとう」と。


でもね、うちは絶対にそんなことはないです。
トートは松本さんちの息子さんのような子じゃないから。


なんだかなー。ホント、なんだかなー。
子育てってむなしいね。

良いこともたくさんあったのだけど、今はなんかそんなことを思い出せないや。




☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

6 Comments

しろ says..."はじめまして"
中学1年男子の母です。わたしも自分ってなんなんだろ?たまに虚しさでたまらなくなります。いつも拝見させていただいています。楽しい記事、ためになる記事、共感しはげまされる記事、どうもありがとうございます。我が家は母子家庭で私立中学。夫亡き後私が力みすぎなのかな。思春期、距離感が大事なんですね。
2016.02.15 08:42 | URL | #0pm60kAU [edit]
しろ様 says...""
しろさん、いつも読んでくださりありがとうございます。
楽しい記事・・・になっていればいいですが^^;
思いつめて考える癖があるので、どうしても物事を悲観的にとらえてしまうのが悪いところです。

距離感って大切だなぁと感じるのはトートに対して初めて思うことです。
アニーには一切こういうことがなかったし、私を嫌がるようなことは幸いにもなかったので。

力みすぎという言葉、よくわかります!
「私が頑張らなきゃ!」
という思いが強すぎるのでしょうね、私も。

それが今のトートには重く感じるのかな。
力みすぎるってそう考えると「誰徳?」ですね。
相手も重いかもしれないけれど、自分が一番つらいですね。
頑張っているのに認めてもらえないどころかうっとうしがられるなんて。

悩み多き世代ですね、私たち(>_<)
2016.02.15 11:22 | URL | #- [edit]
ミー says...""
こんにちは。
ミーです。久しぶりのコメント。

むなしいです…多く語ることはありません。
子育て、母親、むなしいです。

でも、コトリさんだけじゃないです…共感。
乗り切りましょうね。私も頑張ります!


2016.02.15 13:41 | URL | #- [edit]
ミー様 says...""
ミーさん、お久しぶりです。

少ない言葉の中からミーさんの気持ちがくみ取れます。
本当にむなしいですよね。
楽しいことも嬉しいこともたくさんあったはずなのに、
むなしさで上書きされてしまうことが残念でなりません。

頑張りましょう。
きっとみんなが通る道なのでしょう。
2016.02.16 12:34 | URL | #- [edit]
ミー says...""
あ、忘れてました!

虚しい母親にオススメします。
LINE、茂木健一郎さんの公式アカウント。

いろんな意味で勇気づけられます。茂木さんの絵とか…。

時間があれば、覗いてみてください!
2016.02.16 16:47 | URL | #- [edit]
ミー様 says...""
ミーさん、
>いろんな意味で勇気づけられます。茂木さんの絵とか
で、いきなり絵で勇気づけられました(笑)

もじゃもじゃ~!!

キャラがたっているとこういう時にいいですね(*'ω'*)

ありがとうございます(^_-)-☆
2016.02.17 14:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。