ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

シェイクスピア映画大全集 アニーが興味あるもの

0

幼稚園の頃から映画を見るといっても宮崎アニメやディズニーものに全く興味を示さなかったアニー。

スポンサーリンク


当時見ていたのは洋画ばかり!
時系列がちょっとごちゃごちゃになっているかもしれませんが、

・ジェラシックパーク
・ダイナソー
・ハムナプトラ
・バック・トゥ・ザ・フューチャー
・バットマン
・マトリックス

こんなんばかり見てました。



唯一見ていたディズニー映画はピーターパンのみ。
トートはアンパンマンやトトロなど、いわゆる子供的王道というようなものを好みましたが、
アニーは見向きもしませんでした。

今はアニーにしろトートにしろ、なぜか白黒映画ばかり見ています。

トートなんてこの間、「鳥」を借りてきて見ていたし!




アニーはともかく、トートの年代でこういう映画を見ても、
誰かと共有することができなくてつまらないだろうに、と思いますが。


と言っても、トートのこういうところは完全にアニーに影響を受けていますね。

アニーが帰省中、帰ってくると知ったトートはその時レンタルで借りていたDVDを隠していました。

なぜ?と聞くと
「アニーさんに見つかったら『そんなの見てるの?』ってバカにされるから」
だって(笑)

こういうところを見ると、多かれ少なかれ弟というのは兄に対してライバル心みたいなものを抱くものなのだなぁと感じます。



さてそんなアニーが自宅滞在中に映画ライフを満喫するために注文してあったものが届きました。
これ。
20160329.jpg

20160329_1.jpg






10枚入ってこのお値段。なんでも版権が切れているから安いのだそうな。
私だって見たことがないような映画まであるし(;´Д`)



うちの兄弟はなぜか古い時代の映画や音楽に惹かれる傾向があるようです。
トートは今、ipodで「ナイアガラトライアングル」ばかり聞いてるみたいだし。




私の世代からすると、もうそんなの聞き飽きているし、
今の重厚なサウンドに聞きなれてるからこの時代のものってどうしても音が軽く感じちゃうし。

でもそういうところも含めて、それを知らない世代には新鮮に感じるのかもしれませんね。


うちのCDラック、独身時代はCDを買うのが好きだったオットーのものばかり並んでいて、
私としてはそんなもの邪魔だからいつか処分しようとずっと思っていました。

が、アニーやトートにとってそんなラインナップはお宝の宝庫。

「えーっ!?大瀧詠一があるじゃない!!」
「わっ! YMOがあるよ!?」
「なにこれ、誰が買ったの!?」


・・・な~んか・・・面白くないなぁ(-_-;)
オットーの株ばかり上がるのはなぜ?



それにしても、アニーは物心ついたころから映画が好きでしたが、
結局20年近くたった今でもそれはそのままでした。


結局、アニーにはこういった関係の仕事ができれば一番幸せなのだろうなと思いますが、
それを見極めてあげるのは親として難しかったですね、振り返ってみると。

普段は比較的飽きっぽい子なので、映画好きもその一つだと思っていたので。


春からアニーも大学2年生になりますが、映画関係の何かを勉強するみたい(詳しくは知らない笑)。

私は大学4年間は「遊びの時間」・・・とは言わないけれど、今後の人生を考える時間だと思っています。

だから好きなことを存分にやって、次のステップに繋がる何かを見つけてくれれば・・・と思っています。


もちろん、な~んにも見つからなくたって全然OKなのですけどね★



☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。