ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

新年度にまつわるエトセトラ

0

新年度が始まって一週間経ちました。
トートも高校一年生!

あんなに小さかったトートが、あんなに可愛かったトー(強制終了)






さて、クラス替えもありました。
というかトートの学校は毎年必ずクラス替えがあるので。


私・・・学生の頃はクラス替えが嫌だったなぁ・・・
基本人見知りなので、「新しい環境」っていうのがもうね、考えただけで苦しい(笑)


ただその反動で、そんな風に苦しい思いで始まって一年も、
終わるころには別れがたいくらいに仲良くなるのですよね。


それを繰り返すうちに、毎年年度始め憂鬱になるものの、
「大丈夫、すぐに慣れて楽しくなることはわかってるから!」
と自分を奮い立たせています。

経験って大事。

スポンサーリンク



学校はすでに昨年から成績別のクラスになっています。
なので今年も成績別クラス継続。

しかし今年は、より成績別を精査した、という感じ。
トートいわく、
「え!あいつ別のクラスに行っちゃったの!?」とびっくりしたり、
「おぉぉ、あの子、最下位のクラスからここまできたんだ。頑張ったんだなぁ」と驚いたり。

こんな風に思えるあたりは、まだまだ素直に友達をたたえる心があるようです。


で、そんな新しいクラスで過ごしてみてどう?という私からの問いかけに対し・・・


「うん、なかなかいいよ。より優秀なメンバーが集まってきたから話し合いのしがいもある」
のだそう。どんだけ上から(笑)


ただ。

「でも僕はどんなクラスでも楽しめるけどね」



あ~、これはアニーも同じことを言ってたなぁと思い出しました。
アニーも私とタイプが似てるから、最初は内心ビクッているそうな。

でもその中から何か楽しさを見つけようと努力しているうちに、
周りがアニーの面白さに気づいてくれて話しかけてきてくれる、というパターン。

これ、大学生活でも同じみたいです。


で、トートはといえば、これはアニーとはまた違うタイプなのだけど、
トートはトートで黙っていても相手から近づいてきてもらえるタイプのよう。

トートの場合は昔から本当にラッキーで、担任の先生が
「トート君はすごい」
的なことを言ってくれるもんだから、そのうちクラス全員がその言葉に洗脳されるというか?

それは結局小学生の頃だけでなく、中学生になっても同じで、
担任の先生が盛り上げてくれるおかげで、周りからは良い意味で一目置かれている存在になっているらしく、誰かが必ず話しかけてきてくれるそうなのです。


しかしトートはクールな性格なので、誰とでもどの子とも不通に話せるし普通に過ごせるけど、
誰か一人、すごく仲がいいっていう友達はいないみたい。

いないのではなく正確に言うと「作らない」です。
これはトートから聞いた話なので本当のこと。これって男の子だからなのかなぁ?


アニーにしろトートにしろ、そして私にしろオットーにしろ、
基本一人でいるのが好きなタイプなので、ぼっちが全然辛くないのですよね。

私なんてむしろ、話しかけないでオーラを放つくらいなので。


でも我が家の最終兵器(笑)・トートは、親のそういうところを受け継ぎつつも、
来るものは拒まずに誰とでも平等に付き合う、というスタンスをとっているよう。

そういう意味では我が家のメンバーの中では特異かも?
だけどそれが一番世渡り上手よね。



☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。