ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ふるさと納税で熊本地震の被災地に納税という寄付の方法も

0

九州中部の大きな地震に際し、援助をしたいという声が上がっています。
が、じゃぁどうしたらいいの?ですよね。


当然のことながら未だ余震が続き、それがいつ収束するかのめどはたっていません。
支援物資を送りたいけれど、現地の交通状況が乱れたままのため、引き受けができないという話もありました。


その辺は日を追うごとに状況が変わっていくでしょうが、今現在でできる事を考えてみました。


スポンサーリンク




まずはさまざまな自治体の義援金の受付。
口座振り込みやクレジットカードなどで義援金の受付があります。


でもそれらはやはりひと手間かかるというか、敷居は決して低くはないなと感じます。
一番手っ取り早いと思うのは、スーパーやコンビニなどのレジ脇に置いてある義援金BOX。

私はたまたま地震が起きた次の日の夕方だったかな?酢を買い忘れていたので近くのコンビニに行ったところ、もう義援金BOXが設置してあったので嬉しくなりました。


特にレジ脇って、もらったお釣りをそのままジャラジャラ~っとするのに便利ですよね。
男性などは小銭を持ち歩きたくないだろうからこの設置場所は名案だと思います。


そして一つ、へ~と思ったのが、ふるさと納税を利用するという方法もあるということ!


ふるさと納税に関しては完全に乗り遅れているので私は利用していませんが、よく読んでいるブログのタレントさんが利用していて、届くたびにそれをブログにアップしているのを見て楽しんでいました。

利用していないのでその使いかたが今一つわからない部分がありますが、今回の納税の流れはこう。


納税額に応じて、その地域の特産品がもらえたり、税金が控除されたりするため人気の制度となっています。

その仕組みを使って熊本地震の被災地に納税することも可能。お礼の品は「辞退」できます






地方自治体を指定して、任意の金額(年収などによる)を収められるというもの。自治体からお礼の品として特産品などを受け取れることから近年人気となっています。

ただし、「被災地からお礼の品をいただくのは気が引ける」という人もいるではないでしょうか。

でも大丈夫。お礼の品は「辞退」できます。

例えば、ふるさと納税サイト「さとふる」では、もともと「寄付のみ」を選んで納税可能になっています。さらに「熊本県南阿蘇村」などの被災地を選ぶと、地震災害緊急支援募金というリンクが表示されます。



これ、一番直な寄付金という気がします。
どこかの団体を通すよりも、より直接的というか。


しかも普段からこのシステムを使って各地の特産品を届けてもらっていた方たちにとっては、一番安心な寄付の方法かも?




できる事からやっていきたいですね。
そして大切なのは忘れないことなのかなと。私にとってはまだまだ続いている東北の地震も、これでまた一つ過去のものになってしまうかもしれません。

忘れずに、その時がきたらさっと行動できる、そんな気持ちでいたいです。




☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。