ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

拝啓プリンス様

0

今朝、家事をしながら、途切れ途切れに聞こえてくるラジオの声が耳に入ってきました。
なにせ台所でドタバタしながらなのでラジオで誰が何をしゃべっているのか、あまりよく聞き取れないのです。


しかし、ジョンカビラさんが現地?のどなたかと回線を繋いでいて、
「これはもう決定的ということですね?」
「インフルエンザにかかっていたというのは知っていましたが」
「エレベーターの中で倒れているのをスタッフが発見して」
「蘇生措置を施したけれど残念ながら・・・」
などという言葉が聞こえてきたので、誰かがなくなったのだということがわかりました。


では誰がなくなったのか?


始めは海外の政治家かと思ったのですが、どうもカビラさんの対応が違う気がする。
言ってしまえばそう・・・


以前、マイケルジャクソンがなくなったというニュースを伝えていた時に似てる!

スポンサーリンク





もう何年前になるでしょうか、やはり金曜日の朝、J-WAVEにチューニングを合わせた時に聞こえてきた
「これはもう公式発表ということでいいのですね?」
というカビラさんの声。

いつもの落ち着いた話し方や、サッカーのことを話す時のハイなテンションとはまた違う、
ある意味興奮気味で話す様子が、カビラさんがどんなにマイケルジャクソンが好きだったのかということがわかりました。


そして今朝、この話し方にちょっとした不安を抱き、一体誰がなくなったのかニュースを見てみたところ、あぁぁ・・・プリンス様が亡くなったのね・・・(悲





あぁ・・・衝撃的・・・
もしかしたらマイケルジャクソンが亡くなった時よりもショックかも・・・


私が洋楽を聞きだした初めの頃に出会ったのがプリンス様でした。
かっこよかったなぁ。

洋楽を聞きだしたアニーのipodにもプリンス様のCDをこっそり入れちゃったという話は、このブログを探せば出てくるはず。


あぁ、まだ57歳なのに。
誰もプリンス様を真似できないし、まだまだその音楽を聞いていたかったのに。


これも以前書いたと思うけれど、桜の季節の夜になると、この曲が聞きたくなってよく書けていました。





当時、キャンバストップといって天井が電動で開く車に乗っていたのだけど、
はらはらと散る桜の道を、キャンバストップを開けてPurple Rainを聞きながら走っていた時、
桜の花びらが一枚、車の中に入ってきた光景が、今でも忘れられません。

私にとって、春の夜はプリンス様だったんだよなぁ。


あぁ、寂しいね。
拝啓プリンス様。寂しいです。




☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。