ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

緑のアジサイに注意 アジサイ葉化病

0

うちの庭のアジサイもまだまだきれいに咲いています。
特にアナベルは植えてから3年くらい経つのかな? 株が増えたようで今年はたくさんの花が咲いてくれました。


余談ですが、モデルの雅姫さんもアジサイが大好きだそうで、
この時期、きれいなアジサイの写真を何枚もアップしてくれるので、それを見るのも毎年楽しみ。





そんなアジサイですが、こんなニュースを見かけました。



スポンサーリンク







アジサイ葉化病だって!!(゚Д゚)ノ

アジサイ葉化病とは
アジサイ葉化病は、アジサイの花(がく)全体またはその一部が淡い 緑色から濃い緑色の葉っぱのようになる病気です。

植物の細胞内に寄生する細菌の一種である「ファイトプラズマ」が原 因でおこる病害です。
アジサイ葉化病に感染したアジサイを挿し木することによって拡大す るものと考えられます。

一般にファイトプラズマ病は、体長数ミリのヨ コバイ類がファイトプラズマを媒介することによって伝搬する事が知ら れていますが アジサイ葉化病の場合には栄養繁殖以外には今のところ れていますが、アジサイ葉化病の場合には栄養繁殖以外には今のところ 感染経路はまだはっきりとわかっていません。

ただし、アジサイ葉化病に感染したアジサイが接触することによって病気が別のアジサイに伝搬することはありません。

また、アジサイ以外の他の植物への感染は確認されていません。

(病気の特徴)
・ 花(がく)全体またはその一部が淡い緑色から濃い緑色に葉化する
・ 花(がく)全体またはその一部が淡い緑色から濃い緑色に葉化する
・ 葉化した花の中央部から新たな芽が形成される「突き抜け症状」がみ られる
・ 葉の黄化または赤化症状がみられる
・ 株が衰弱する






これ病気なのね(;´Д`)
でもうっかりするとアナベルと間違えそう!?


病気もそうだけど私は最近、「特定外来生物」が気になります。


例えばこれ。

オオキンケイギク


ナガミヒナゲシ




オオキンケイギクはついこの先日もニュースになっていたばかり。



ナガミヒナゲシについてはもう憎々しく思っていてですね・・・
毎年5月になると道端に矢車草が咲くのですが、種が落ち、自然と同じ場所に咲き続け、通りがかるたびに「またこの季節が来たなぁ」と嬉しくなったものでした。


しかーし!
この矢車草が咲いていた場所が今年はそのほとんどをナガミヒナゲシに奪われているという!!


しかも今年は初めて、うちの庭にもナガミヒナゲシがたくさん咲いた(;´Д`)
見つけるたびに抜いたし、近所の道に咲いているのに関しては除草剤を撒いたけど・・・

とてもじゃないけど追いつきません。特定外来生物恐るべし。


なんだか日本が日本でなくなっていくようで怖い・・・
植物だけじゃなく、ね。



アニーじゃないけど、国を憂うわぁ。



☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村







スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。