ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

高校一年生の夏が終わった

0


トートの学校が始まりました。
終わってしまえばあっという間、家にいてもお互いにそれぞれのことをしているし、
非常にストレス・レスな毎日でした。


何がいいって、ちょっと出かけるにもあちこち開けてある窓を閉めないで済むっていうのがいいですね(笑)

夏はこれ、重要なポイントだし。

スポンサーリンク


 
さて、トート高校一年生の夏。
この夏16歳になったわけですが、まぁいつもとそう変わりない生活でした。


唯一一つだけ変化があったとしたら、進路の事を真剣に考えるようになったということでしょうか。


ただこれは何もトートに限った事ではなく、同級生たちも皆そのモードに入った様子。
学校の方から夏季セミナー等でも散々言われたようです。


これ、うちの学校が持ち上がりで高校受験がないからなのでしょうか?どうなんだろ。
普通なら今年高校に入学したばかりで、まずは学校生活に慣れるっていうことが最優先だったりするのかしら?


中高一貫校で一番心配される、いわゆる「中だるみ」っていうやつですが、
うちはトートもなかったしアニーもありませんでした。


中だるみに関しては学校からもかなりつつかれていたのですが、
まぁこれはする子はどんなに言われてもするだろうし、言われて気合が入る子もいるだろうし人それぞれでしょうね。


トートは良くも悪くもローテンションのマイペース(笑)
ローテンションっていうのがポイントです(;´Д`)


とにかく「頑張るぞ!」っていうのが全くない子なので、そばで見ていると腹立たしいですが、そこそこの結果を出しているから本人的には
「これ以上何を求める気?」
という気持ちみたいです。


いや、もっと頑張ればもっと良い結果が・・・
と親は思いがちですが、それはトートには通用しません。


この間もはっきりと
「今の成績を維持するだけで済むんだから、これ以上頑張る気持ちなんてないから」
と言いました。とうとう(笑)


これはもう私は以前からわかっていたことだから、トートにこれ以上の期待はしていません。
もったいないとは思うけど、本人がこれでいいっていういんだからもう仕方ないです。
無理です、はっきり言って。


ま、今のペースで維持をしていってくれと思うだけ。



そして進路に関してですが、高校一年生はまずは来年からの文理選択で悩んでいるところ。
そのためには自分の進みたい進路を視野に入れなければならないわけで、まぁ大変ですね。


これまで何度言ってもうやむやにしてきたトートでしたが、
この夏は私の強い勧めもあり(そうでもしないと自分からなんて動こうとしないので)、大学のオープンキャンパスに参加しました。


最初は嫌々参加していたトートでしたが、その中の一つの大学がとても気に入ったようで、今のところはそこを目指す方向のよう。


がしかし、そこはガチな美大系。
正直私は無理だと思っています。デッサンも何もやっていない、ただのお絵かき好きレベルだから、本当にそうしたいのなら今からすぐに予備校に行かなきゃならないのに。


それでもこの夏、動こうとしなかったのだから・・・
本気でそこに入りたいとは思っていないのでしょうね、きっと。

そしてトートのことだから最終的にきっと楽な方向に逃げるでしょう。


それもトートの人生だからいいんですけどね。




長い夏休み、やろうと思えばかなりのことが出来たはず。
なんならこの先自分の人生を大きく変えることもできたはず!?だと思いますが・・・

それを言ったらキリがありません。
だってやろうとしない、それがトートなのだから ←もはや自分に言い聞かせてる



秋になると大学の文化祭が始まります。
この夏に都合で行けなかった大学は、文化祭で見学しに行く予定です。


私たち親が手助けするのはここまでかなと。
遠くの大学に行くのは大変だろうから車で連れて行くけれど、そこからは自分で選んでね、と。


あとは、トートがどう選んでも口を出さない、その覚悟を私が持たなければ(>_<)
なおこれが一番大変な模様!







☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。