ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

歯科矯正、覚悟はしてたけどそれ以上の覚悟が必要?

0

うむ。
お金がかかる。以上!


・・・もうその一言です、歯科矯正費用。

 

スポンサーリンク

 

慎重派なので、歯科矯正に限らず何かを始める前にはかなりの覚悟をして挑んできたし、
今回の歯科矯正も最初の大きな支払いのあとも、メンテナンスとして毎月結構かかるのは覚悟していました。


オットーともそれは何度も話し、最終的にはだいたいこれくらいかかるだろうね、という事もわかっているので、今さら驚くことは何一つない上で始めたつもりでしたが・・・



うん、やっぱり想像を超えるね( ;∀;)



この感覚、アニーの大学受験の時と同じ感覚かも。
うちとしては滑り止めとして受験した私大ですが、担任からも
「本番で実力を発揮するには私大の合格が自信に繋がる」
というような話があり、これには私も深く納得したこともあり、受けられるだけ受験しました。


合格をいただいたところもあり不合格だったところもありましたが、少なくともここで何校か合格していたことが、本番への負担が多少なりとも減った気はしています。

特に私が(-_-;)


そのためには受験費用がかかっても仕方がないと十分納得した上で受験したけれど、
いや~、その段階で50万飛んで行きました。受験費だけで。


その後、一つの私大の入学金を支払わなければならず、30万支払い。
今思い出してもドキドキします。

また同じことをトートでやらなきゃならないのかなぁ・・・そうならないためにもトートの外部受験を含めて動いたのだけど、当の本人にその気がないものはもうどうにもならず(>_<)


アニーよりは多少トートの方が受験数は少なくてすむでしょうが、それでもまたかなりの金額がかかるでしょうね。ふぅ。












歯科矯正に関しても、まだ始める段階では
「こういう器具を付ける方法もありますが、今のところはつけない方向です」
ということだったけど、いざ治療が始まったら
「もしかしたらつけることになるかもしれません」
って。


これも想像していた範疇のことだし、きちんと治すには致し方ないことだし、治療を進めていく最中に必要になってくることも出てくるだろうし。


これだけ頭ではわかっているつもりだけど、やっぱりいざとなるとオロオロしちゃいますねぇ。


なにせ今後はアニーのアイエルツ受験費もかかってくるし(しかもそれを何度受けることになるかと考えただけで気が重い!)、万が一合格して留学なんてことになったら、うちの家計は一体どうなっちゃうんだろう!?



・・・でもまぁ、考えても仕方ないのでもう考えないことにします。



なんとかなるでしょ。




これ、私には必要な考え方。
実際はこの言葉、大嫌いです。無責任過ぎて。


でも、まだ起こってないことを前もって悩んで気持ちが沈むより、起きた時に考えれて沈めばいいかと。


そういう考えも嫌いでしたけどね、準備が足りん自分!って。


でももう、自分を追い込むことにも正直疲れたんです。
これまでは何が起こっても「自分のせい」だと思ってきたし、子供が思ったように育ってくれないことも「自分の育て方が悪いせい」だと思っていました。


だけどもう。。。メンドクセ。
もう何もかも自分で責任を背負い込む体力が残ってないッス(>_<)


だから丸投げすることに決めました。
誰に? オットーに(笑)


だって私がこれまで何度も何度も苦しい胸の内を打ち明けても、
「大丈夫だよ、何とかなるよ」
としか繰り返さないし、そのたびに
「あぁ、この人に任せてられない」
と自分一人で奮闘してきたけれど、もうそれも面倒。やめだやめ!疲れたよ、パトラッシュ。



そもそもオットーの言う「大丈夫だよ」という理由としては、
「自分の勤めている会社はそれなりの企業で給料もそこそこあって、今後景気の波があるにしても、そんなにひどいことになることはまずない。」
ということらしい。


給料もそこそこ・・・だと?











まぁ細かいことはツッコめばたくさんありますが、もう稼ぎ頭のオットーがそういうならそういうことにしておこう!だってその方が楽だもの!!



だからワタクシ、結婚人生で初めてオットーを頼ってみようかと(笑)

これまでは「主婦たるもの夫の家計をやりくりし」と奮闘してきたけれど、困った時は自分で何とかするのではなく、オットーに丸投げしちゃおうと。

「ダメ、パス。私もう放棄」

ってことにしちゃおうと。
そん時はそん時、オットーが考えてくれるでしょう。多分。



・・・なんて思ったら急に楽になっちゃった!

ヨガを始めて、インストラクターの先生がよく
「身体の力を抜いて」
という言葉を言いますが、体の力を抜くということが、自分にとっていかに大変な事かという事に気づいたのです。


常に体に力が入ってるの!
肩・首・顎、もうどこもかしこも。奥歯なんて気づくと噛みしめていることが多いし。


だから最初は「力を抜いて」と言われてもうまく抜くことが出来ず困っていましたが、
今はだら~んと抜けるようになりました。


そんなこともあって気持ちも変わってきたのでしょうね。


思えばオットーが家にいる時も一人で「私が頑張らなきゃ!」と思っていたし、
オットーが不在になってからはさらに「私が子供たちを守らなきゃ!!」と強く思っていたし。


そういう生活と性格が重なって、体から力を抜くっていう事が出来なくなっていたんだろうなと。


だから今回のことは良いタイミングでもありました。
背負い込まない、丸投げする。

一見とても無責任なようだけど、私にはこれがすごく必要な事。
だって背負い込まない・丸投げするって言ったって、結局のところは自分で何とかしようと努力しちゃう性格なんだもの。


だけど、せめて気持ちだけでも「丸投げする」と思っていれば、少しは体の力を抜けるかなと。


まぁ頑張りますわ、いろいろと。






☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。