ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

カウントダウン

0

12月もそろそろ3週目に突入って・・・なんなんだよ、12月って(゚Д゚)ノ



・・・とキレていても仕方がないですが。
そろそろあちらの方もカウントダウンに入っていますね。

 

スポンサーリンク
 

何が?
ドラマが!!


まず今から怖くて見られないと思っているのが「真田丸」です。
もうこのドラマ、思い入れが強すぎて辛い(>_<)


最初はただ楽しく見てたのだけど、
豊臣秀吉が亡くなるあたりからだんだん苦しくなってきて、
昌幸ロスでガクーッとなって・・・
で、とうとう大坂の陣が始まってからというもの、リアルタイムでは絶対に見られないという。


何度テレビに向かって、
「どうして九度山で楽しく幸せに暮らさなかったのぉ!?」
と言ったことが。


義理?
もういいじゃんそんなの!九度山で静かに最後を迎えなよ・・・


でも悲しいかなそれが史実。
だけど最期がわかっていて見るのは苦しいなぁ。

なんてったって1年間だもの、信繁と付き合ってたのは。
そりゃ別れがたくもなるわよね。


真田丸をリアルタイムで見られない理由は「重いから」。
覚悟をしないと見る気にならないし、気持ちが落ちてる時に見るとさらにテンション下がるし。


ドラマ自体は三谷幸喜だけあって深刻なシーンでも笑いありなのだけど、
テーマが重いというか・・・何て言ったらいいのかなぁ?


前にも書いたけど、私は真田が好きなのよね、きっと。
母方が「真田」という苗字だったこと、父が母と結婚する時に、
「真田の末裔を嫁にするということを忘れないように」
とかなんとか言われたそうで、そんなことを聞かされていたから余計なのかもしれません。


歴史には今も全く興味がないけれど、真田の活躍していた時代だけは詳しく調べたいなぁ。

オットーからはこの間こんな写真が送られてきました。


真田丸の最終回に向け、大阪の陣を勉強し直しているらしい(笑)




あと2回。
見たいような、見たくないような。

そもそも、「龍馬伝」の時も最後の竜馬が切られるシーンなんてもう見られなかったもの(>_<)
無残な最期をその年の夏、「竜馬記念館」で知って以来、映像とリンクしちゃって吐き気がしてきてしまったほど。


特に思い入れもなく見ていた龍馬伝がこれだもの、真田幸村の最後なんてどうなることやら。
あー、気が重い(-_-;)



あと終わっちゃったけど「スニッファー」、すごく面白かった!
阿部寛の匂いの吸い方がツボw
シーズン2もぜひやって欲しい!できれば7話ではなく12話で!!


そして話題のあのドラマ。「恋ダンス」でも有名な「逃げ恥」。
こちらは真田丸とは違って気楽に見られるのでいいです。

このドラマでキュンキュンするほどこちとら若くないので、そういう意味でも見るのが楽。
この先、ヒラマサがリストラされようが、みくりと別れようがそれはそれで
「ほほぅ」
と見ていられると思うと、ホント楽!


この秋は楽しいドラマがたくさんあって忙しかったです(笑)


あー真田丸(>_<)
なんでも、きりとの最後はとてもいい感じだそうで(堺雅人談)、それが唯一の救いかな。




☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。