ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

誕生日プレゼント

6

先日私の誕生日がありました。


オットーからは「何もしないでいい」というプレゼント(笑)
居酒屋に行って生ビール&おつまみで夕食。居酒屋なんて久しぶりだから嬉しかった!



トートからも朝一番に
「あ、おめでとうございます」
という高校生男子らしい言葉をかけてもらい幸せな一日でした。



でも・・・やっぱり一番嬉しかったのはアニーからのプレゼントでした。



 

スポンサーリンク




ここで確認しておきますが、私は誕生日だからと言って何かをプレゼントして欲しいなんてこれっぽっちも思っていません。


そもそも専業主婦がどうしても欲しいなんていうものはないし、
ちょこちょこしたものなら誕生日だけでなく買っているし。

年齢相応のジュエリーなんかもいいなとたまに思うけれど、その金額のものを家計費から出せるか?といったら出したくありません。

出せる・出せないではなく、出したくないということ。主婦の方ならわかると思います、この気持ち。


自分にその価値がないと思っているわけではないけれど、やっぱり必要のないもの・優先順位の低いものであるのが自分のもの。



ただそう納得しているにも関わらず、やはり「自分の存在価値ってなんだろう・・・」なんてたまに思ってしまうのは、寂しいのかな。それとも更年期なのかな(笑)



その日も朝、アニーから「おめでとうLINE」をもらいました。
アニーは毎年、夜中の12時を過ぎるとすぐにメッセージを送ってくれます。誰よりも一番にお祝いメッセージをくれるのが私のちょっとした喜び。


・・・ただその時間は寝てるから朝起きてきて見るのだけど。




スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6719950858048442"
data-ad-slot="5120303673"
data-ad-format="auto">





そしてその日の夕方、郵便が届いたのでポストに取りに行くと、何やら大きな封書が。
また健康食品のDMかな、それともアニーから何かの書類の催促かなと思いつつ取り出すと、やはり差出人はアニー。


今回は何の書類を送り返すんだろう、それとも仕送りの追加催促か?


なんて思いつつ封を切ると、そこには誕生日プレゼントと手紙が。



これまで私は子供たちから誕生日プレゼントをもらったことがありません。
なぜなら私が「いらないから」と言い続けてきたから。


だって毎月のお小遣いなんてたかが知れた金額だし、そのお小遣いは自分のために使えばいいもの。本当にそう思っています。


それよりも気持ちが欲しいかな。毎年その日を祝ってくれる気持ちが。その方がお小遣いを削って買ってくれるプレゼントよりも、「おめでとう」の一言が私にとっては何倍も嬉しいし。



包みを開けて出てきたのは、ミナペルホネンの風呂敷。
風呂敷と言っても柄がとても素敵なので、いろいろな用途に使えそうなもの。


ミナペルホネンを選んだところもアニーらしいし、私が好きそうなものを選んだところもニクイ。



そして何が一番嬉しいって手紙。アニーらしい言葉で綴られた、面白おかしく、そして気持ちのこもった手紙を声をあげて笑っているうちに、涙がボロボロこぼれてきました。


それはもう完璧な手紙でした。心配していたプレゼント代金も、
「仕送りからじゃなくてアルバイト料で買ったから安心してね」
という意味のことを、これまたアニーらしいシニカルでユニークな言葉で綴ってありました。


あぁ、アニー( ;∀;)



本当ならここで手紙を見せて自慢したいくらいです。
松居一代じゃないけれど、「皆さんは私の家族」なので(笑)、「アニーからこんな手紙が来たんだよ~」と見せびらかして、そして皆さんにアニーを褒めてもらいたい!



でももちろんそんなことはできないので、この張り裂けそうな喜びを私の胸の中だけにとどめておきます。


だけど喜びがだだ洩れでゴメンね(笑)



親ばかと言われたらホントその通りなのだけど、アニーの書く文章にはとても力があるんです。文系だし、何か「書く」ということが仕事になればいいなと思うほど。


それはこれまでも何度も言っているのだけど、本人が 「自分の力は自分が一番よくわかってるから」 と取り合ってくれません。

いやぁ、本当にアニーの文章は誰かの心に届くんだけどなぁ。


そう、万人に届かなくてもいいんです。そんな必要ないし。求めている人に届けばそれでいいだけ。アニーの書く分にはその力が十分あると思うのだけど。



まぁ、親ばか話はこれくらいにして。



昔、アニーが見つけた四つ葉のクローバーをプレゼントしてくれた時も嬉しかったけれど、大人になったアニーからのプレゼントも嬉しかったな。



今、昔のブログを読み返していたら、面白くて時間を忘れて読んでしまった(笑)
アニー、面白いなぁ。ホント面白い子だったんだなぁ。

でも当時の私はそのことに全然気づいてあげられなかった。
ゴメン、本当にゴメンね。


今さら謝ってもどうにもならないのが悲しい。
せめてこのブログを読んでいる方がいたら、困ったちゃんのぼくちゃんでも良いところはたくさんあるよと伝えたい!

・・・そんな小さいお子さんがいるお母さんはこのブログを読んでないか(-_-;)


優しい子に育ってくれて本当に感謝。
こんな母親なのに。ゴメンね。そしてありがとう。






☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村




スポンサーリンク

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.07.21 00:07 | | # [edit]
鍵コメI様 says...""
Iさ~ん、このバカ親の(笑)喜びを共有してくれてありがとう!
本当に見せたいです、アニーの面白さは実物を読まなきゃ伝わらない(>_<)

そして改めて、ありがとうございます(^-^)
今振り返ると私の子育ては・・・塗り替えたい記憶ばっかりです(-_-;)

でも仕方ないですね、後悔してももう遅すぎる(T_T)

だから今からできること・・・トートの残りの子育てはもちろん、
大人になりつつあるアニーの「人生のパイセン」として寄り添ってあげられたらなと思っています。
2017.07.24 11:54 | URL | #- [edit]
えり says...""
はじめまして。
忍者幼稚園、のキーワードからこちらのブログにたどり着きました。
コメントしたので読んでいただけると幸いです。
websiteの欄に載せました。

素敵な記事ですね。
じーんと来ました。
2017.07.25 01:14 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.07.25 07:53 | | # [edit]
えり様 says...""
えりさん、こちらの記事も読んでくださったのですね!
ありがとうございます。

忍者幼稚園は多部未華子さん関連の話題として定期的にクローズアップされますね。
その流れに乗ってぜひ再建してくれればなぁと思います(^-^)
2017.07.26 10:27 | URL | #- [edit]
鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、ありがたい言葉をありがとうございます。
そういう言葉に救われます( ;∀;)

自分の子育てって、振り返ってみると自信をもってよくやった!と思う人は少ないんじゃないかな。
多かれ少なかれ、ああすればよかった・こうすればよかったと後悔してるはず。

そして私は「多かれ」後悔(;´Д`)
でも鍵コメさんがそんな風に思っていてくれて少し救われたような気分になります。


火事になったら箱をもって逃げる・・・わかる!
私もそれだわ。まずそれを持ってダッシュする(笑)


それからアルバイト・・・わかります(>_<)
と言っても私は働いていませんが、その状態が容易に想像できるので働けないのです。

せっかく家計のために働いても、心が病んだら意味ないし(-_-;)

そういうのに負けない強さも欲しいと思うけど・・・
今の私には無理かな(>_<)
2017.07.26 10:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。